スポーツ

仁志敏久は「陰なる殊勲者」!?2002年日本シリーズを清水隆行が動画回顧

 2002年は、巨人の監督に初就任した原辰徳氏にとって華々しいデビューであった。リーグ優勝に導くと、日本シリーズでは伊原春樹監督率いる西武ライオンズ相手に無傷の4連勝で日本一に輝いたのだ。

 この日本シリーズ、巨人の二岡智宏氏が最高殊勲選手賞に選出。他にも、優秀選手賞には清原和博氏、上原浩治氏など巨人の面々が投打の活躍から選ばれたのだが、「陰なる殊勲賞」だったのでは…と、守備のポジショニングに定評があった元プロ野球選手の仁志敏久氏の存在に気づかされる番組があった。

 お笑いタレントのレッド吉田らが司会を務めるYouTubeチャンネル〈こちら野球放送席〉に、主に巨人で活躍した元プロ野球選手の清水隆行氏が出演。4月13日付け〈【仁志敏久】不動の一・二番コンビ 清水隆行が語る仁志敏久!【読売ジャイアンツ】〉と題した投稿回で、日本シリーズ第1戦、1回表の西武の攻撃、2アウト、1塁2塁の場面を振り返った。

 バッターボックスに立ったのは、プロ通算2050安打で名球会入りした和田一浩氏。センター前に落ちようかという打球を、セカンドの仁志氏がまさかの正面で捕球し、得点を許さなかったのである。和田氏はこのシリーズ、15打数0安打で低迷し、「逆シリーズ男」とも呼ばれたが、この1打が抜けて調子に乗っていれば、優勝が入れ替わっていた可能性も…。

「カン」ではなく、頭に詰め込まれた「データ」からで守備位置を判断していたとも仁志氏を称賛した清水氏。巨人では不動の「1、2番コンビ」とも評された両氏の対談にも俄然興味がわく。この番組でゲストに招き実現してもらいたいところだが、はたして…?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
年収5億!?指原莉乃、TV界「若き女帝」が「華麗なる人脈」を作ったテクとは