芸能

太川陽介&村井美樹「バスVS鉄道旅」最新回は初の九州!「難所の見どころ」とは?

 太川陽介の「バスチーム」と村井美樹率いる「鉄道チーム」が争う「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」の最新回・第8弾が5月5日の「水バラ」(テレビ東京系)で放送されることが同番組のHPで発表された。

 今回は熊本の熊本城を出発し、長崎の平戸城を目指す。これまでの成績は鉄道チームが4勝3敗でリード。太川が成績をタイに戻せるかどうかが見どころの1つになりそうだ。

「この乗り継ぎ対決旅は必ず訪れなければいけないチェックポイントが設定され、その場所によって難易度が大きく変わってきます。今回は場所は明らかにしていませんが、4カ所あります。通常であれば熊本から北上して鳥栖で西へ向かうルートになりますが、チェックポイントの場所によっては、熊本から有明海を渡って島原を経由することも考えられます」(テレビ誌ライター)

 第8弾の情報が水バラHPで発表された直後は、〈シリーズ史上初のタクシー&フェリーを組み合わせて競う頭脳戦が展開する〉と書かれていた(その後削除)。フェリーが利用できるのであれば、有明海を渡ることもありそうだ。

「有明海には熊本と島原、三池と島原、長洲と多比良を結ぶ3つの航路があります。熊本城から一番近いのは熊本と島原を結ぶ航路ですが、熊本側の乗り場は駅から離れています。長洲と多比良の航路は、JR長洲駅から2キロほどで歩ける距離です。フェリーの航路選びも勝敗を分ける重要な要素になるかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 さらに九州本島北西端と平戸島の間にもフェリーが運行されている。今回はバスと鉄道、タクシーにフェリーまで加えた乗り継ぎ術が求められる。“バス旅のプロ”太川陽介や“鬼軍曹”の村井美樹の新たな一面が見られそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」