スポーツ

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断/鉄壁の中四国ライン。動きのいい清水がV

【「前橋記念」ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人】

◎清水裕友/○平原康多/▲渡邉一成/△太田竜馬/和田健太郎/小倉竜二/渡部哲男/東口善朋/山崎芳仁/山田英明/木暮安由/竹内雄作

 勢いに乗れば、手がつけられなくなるのが若手の機動型だ。ナイター開催の「前橋記念」(5月20日【木】~23日【日】)は、GI寛仁親王牌の準常設バンクでもあるため、15年以来、実に6年ぶりの記念開催。ダービーのファイナリスト2人が東西の横綱だが、無風の33走路で機動型が一発を狙い、高配当決着があってもおかしくないシリーズになりそうだ。

 本命は清水裕友。ダービーでは【2】【5】【3】【7】と未勝利だったが、逃げた決勝戦まで連日よく動いていた。中四国で小倉竜二─渡部哲男がガードする鉄壁ライン。先行とまくりの両様に構えて頂点に立つ。対抗は平原康多。6着に終わったダービー決勝戦は展開が向かず、初日の落車(ゴール後)も影響した。自力に不安はあるものの、位置取りのうまさで逆転も。

 そしてドームが得意な渡邉一成が三番手評価。ダービーの準決勝4着は、前で落車がなければ、と思わせる鋭い脚だった。もし山崎芳仁や成田和也が勝ち上がれば、オールドファンには懐かしい福島88期トリオになる。37歳になるがスピードに衰えはない。久々の快走劇があるのではないか。あとはダービー(【6】【1】【1】【1】)で好走した太田竜馬の一撃を警戒したい。

 伏兵の1人目は、快進撃が続くホームの佐々木悠葵(群馬・115期)だ。特昇してまだ半年足らずだが、すでに完全優勝2回、GIIIの決勝戦にも乗っている。それもスピード任せではない自在脚があるあたりは、並の新人ではない。

 佐々木と同県で1年先輩の小林泰正(113期)は、7月に1班復帰が決まっている。ダービー(【3】【7】【4】【9】)は未勝利だったが、1次予選は突破した。2月立川【1】【1】【1】、続く松阪ウィナーズC(【1】【6】【7】【1】)で2勝をあげたように調子は戻ってきている。この2人が活躍すれば、地元勢の士気は一気に高まることになる。

 劣勢の九州では瓜生崇智(熊本・109期)の奮戦ぶりが光る。S級3場所目だった2月高松記念(【3】【4】【1】【6】)の準決勝では、3連単6万円オーバーの立役者になった。落車と失格も経験した勝負に執着するファイターなら、いきなりの大駆けが期待できる。

山口健治(やまぐち・けんじ):1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「日本沈没」最終話を前に視聴者離れが起き始めた“3つの原因”
2
NHK林田理沙、突如のバスト強調にファン騒然!ついに出世街道スパート開始?
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
後藤真希、写真集オフショット動画に男性スタッフが「布面積が少ない」驚愕!
5
NHK桑子真帆、光沢ブラウスでユサユサ!「バスト強調」加速でフリー転身説が再浮上