芸能

3位・松田聖子、2位・中森明菜─誕生から50年の「昭和アイドル総選挙」1位は?

 1971年6月1日、南沙織が「17才」でデビューした。彼女を日本における「アイドル第1号」と呼ぶ声は多く、これに天地真理・小柳ルミ子が加わって「新三人娘」に、さらに郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎が「新御三家」と呼ばれたことで、それまでの「スター」に代わって「アイドル」の呼び名が定着。以来、50年も周期的に大ブームを呼んでいる。

 そこで全国1500人の男性を対象に、ソロが全盛だった「70~80年代の昭和アイドル」の人気投票を開催。50位までのランキングで、9位に入ったのは85年に「卒業」でデビューした斉藤由貴だ。

「デビュー曲のレコード発売日に、片道10キロを自転車に乗って買いに行きました」(福岡・50歳)

 そんな熱烈なファンに支えられ、今も人気は揺るがない。4位は、もはや女王の貫録すらある山口百恵が入った。三浦友和との結婚を機に、80年の日本武道館公演で引退。昨年、40年ぶりにBSプレミアムでコンサート映像が放映されると、SNSのトレンド世界1位になるほどの反響があった。

 3位は、80年代アイドルブームを牽引した松田聖子だ。ビジュアルだけでなく「今聴いても『青い珊瑚礁』が凄すぎて、これ以上の歌はない」(新潟・58歳)と、歌手としてのポテンシャルも高い評価。2位は聖子のライバルと呼べる中森明菜。デビュー当初こそ初々しかったが「「髪型も衣装も『DESIRE』で激変した」(大阪・54歳)と、アーティスト志向で黄金期を築く。

 6月1日発売の「週刊アサヒ芸能」6月10日号では、気になる全ランキングを全盛期の可憐な姿ともに、カラーグラビアで詳報している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」