芸能

3位・松田聖子、2位・中森明菜─誕生から50年の「昭和アイドル総選挙」1位は?

 1971年6月1日、南沙織が「17才」でデビューした。彼女を日本における「アイドル第1号」と呼ぶ声は多く、これに天地真理・小柳ルミ子が加わって「新三人娘」に、さらに郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎が「新御三家」と呼ばれたことで、それまでの「スター」に代わって「アイドル」の呼び名が定着。以来、50年も周期的に大ブームを呼んでいる。

 そこで全国1500人の男性を対象に、ソロが全盛だった「70~80年代の昭和アイドル」の人気投票を開催。50位までのランキングで、9位に入ったのは85年に「卒業」でデビューした斉藤由貴だ。

「デビュー曲のレコード発売日に、片道10キロを自転車に乗って買いに行きました」(福岡・50歳)

 そんな熱烈なファンに支えられ、今も人気は揺るがない。4位は、もはや女王の貫録すらある山口百恵が入った。三浦友和との結婚を機に、80年の日本武道館公演で引退。昨年、40年ぶりにBSプレミアムでコンサート映像が放映されると、SNSのトレンド世界1位になるほどの反響があった。

 3位は、80年代アイドルブームを牽引した松田聖子だ。ビジュアルだけでなく「今聴いても『青い珊瑚礁』が凄すぎて、これ以上の歌はない」(新潟・58歳)と、歌手としてのポテンシャルも高い評価。2位は聖子のライバルと呼べる中森明菜。デビュー当初こそ初々しかったが「「髪型も衣装も『DESIRE』で激変した」(大阪・54歳)と、アーティスト志向で黄金期を築く。

 6月1日発売の「週刊アサヒ芸能」6月10日号では、気になる全ランキングを全盛期の可憐な姿ともに、カラーグラビアで詳報している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
きゃりーぱみゅぱみゅ、ファンも騒然「顔変化」に飛び交う憶測