芸能

「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”

 宝塚歌劇団花組のトップスターを5年半務め、宝塚の「トップ・オブ・トップ」とうたわれた女優・明日海りお。2019年秋の退団後は、NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」で目力の強い女優・高峰ルリ子を演じたほか、民放ドラマ「コントが始まる」など、話題作に次々と出演している。5月22日からは、Huluで「明日海りおのアトリエ」が配信、「美」「癒やし」「食」など、さまざまなジャンルに挑戦し、プライベートを披露。男役から、綺麗なお姉さんにシフトチェンジしているが、宝塚ファンからは、ネット上では、〈女性に戻るのが早すぎ〉〈雑誌などにも出すぎ、なんかゴリ押しすごい〉〈男役時代を知っている私には違和感を感じる、もう私の知っている明日海りおではない〉といった声が。宝塚に詳しいライターはファンの声をこう分析する。

「宝塚時代の明日海さんは、ファンには結構な“塩対応”で有名でした。お稽古中や公演中にファンの人が楽屋前で待つ『入り待ち・出待ち』があったのですが、他の男役トップスターたちはファンの前で、講演のエピソードなどを数分話しをしたり、ファンサービスしてくれるのですが、明日海さんは無表情で、無言で手紙を受け取り速攻帰宅、愛想がありませんでした。冬の入り待ち、出待ちの時はニット帽にサングラス、くちばし型のマスク、マフラー姿の完全防備で、その姿は『月光仮面』なんて言われてました。もちろん体調管理のためこうした姿をしているのですが、『月光仮面姿』で、黙々とファンから手紙を受け取る姿は、周囲からみても異様な光景でした。そんな塩対応な姿を知っているファンからすると、テレビで見せる柔らかな姿に、違和感を覚えるのではないでしょうか」

 ファンに塩対応だったのは舞台に集中したいため、プロ意識が高かったため、とも言われているが─。そんな明日海は、くしくもかつてトップスターだった天海祐希と同じ事務所に所属している。

「明日海は早くも“第二の天海祐希”の期待が高まっています。そういえば、天海も宝塚時代はファンに塩対応だったので、共通点も多いのではないでしょうか」(前出・ライター)

 そのうち天海と明日海の、夢の共演が実現するかもしれない!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
きゃりーぱみゅぱみゅ、ファンも騒然「顔変化」に飛び交う憶測