スポーツ

「85年阪神日本一」4番掛布雅之は冷めていた!?デーブ大久保との放談が深いッ

 今季好調、首位を走る阪神タイガースだが、2位の巨人に最大8ゲームあったゲーム差が、6月27日現在、2位の巨人と2.5ゲーム差。ケガで離脱していた選手が復活してくるなど、巨人の戦力がジワリと回復を遂げているようにも見える…。

 巨人でも活躍した元プロ野球選手・大久保博元氏のYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉に、ミスタータイガースの呼び声高い、掛布雅之氏が出演。今夏、開催されるオリンピックまでに、2位と5ゲーム差以内となった場合は、「阪神ピンチ!」と虎ファンには聞き捨てならない発言をするとともに、自身が4番で阪神をリーグ優勝、さらには日本一に導いた1985年を振り返り、掛布氏は意外な精神状態でシーズン終盤のゲームに臨んでいたことを明かした。

 同チャンネルの6月26日付け投稿回〈第一話【レジェンド・掛布さん】「阪神はマズイ試合をしてしまった」〉を観ると、ランディ・バース氏、岡田彰布氏、真弓明信氏、それと掛布氏の主力打線が大きく崩れなかったことがいい結果を生み出した要因だと指摘した掛布氏。

 さらには、バース氏、岡田氏の調子が良かったことから、「バースを生かす4番でいなければいけない、岡田にチャンスを広げるチャンスメイクもしなければいけない」…すなわち、四球か本塁打であることから、「四球を取るガマンってのは自分を冷めさせるわけ、攻撃的にしないから。一歩引いてこのチームを見なければダメだという気持ちは常にあったの」と掛布氏。

 4番こそ、自由気ままにバットを振っていればいいのかと素人目に思われていたが、さすがチームを日本一に導いた4番、掛布氏は違うのだと実感させられた、見ごたえある回であった。阪神の主力バッターに、掛布氏の言葉が届くだろうか?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Snow Man渡辺翔太の発言が騒動に!ガーシー予告「もう一組抜ける」の信ぴょう性
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意
4
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
5
柴崎岳がサブ扱いで囁かれる真野恵里菜「さげまん説」!