芸能

深田恭子を追い込んだ「梅毒映画」撮影中止の大騒動(2)尾野真千子との演技合戦が見どころだったが…

「主人公が政治家の妻とママ友になるのですが、彼女の夫が梅毒に感染したのをきっかけに、ドロドロの愛憎劇が繰り広げられます。何を隠そう、そのママ友を演じるのが、W主演の尾野真千子(39)。実績十分の実力派女優とあって、2人の演技合戦は話題になること必至だったのですが‥‥」(映画関係者)

 この映画には原作があった。91年に刊行された島田荘司氏の小説「毒を売る女」(河出書房新社)だ。

 原作では、尾野がキャスティングされた若妻・大道寺靖子が、夫の梅毒感染を知って狂気の行動に走る。

 深田が演じる主人公の“私”を妬み、一家を梅毒に感染させようと、親子が通うスイミングスクールのプール内に尿を垂らし、さらには彼女の夫をホテルへと誘い出して全裸で誘惑するのだ。

 帰宅した夫の洋服の香水の匂いから靖子との浮気を疑った“私”はヒステリーを起こし、梅毒感染のリスクを承知で、

〈「抱いてよ。今すぐ。ただしあれつけてよ」「じゃあ今夜、寝る前にしてくれる? できる?」〉(原作より引用)

 避妊具付きのセックスを言い寄る場面も見どころだった。

「原作は30年前に出版されたもので、その通りに描かれない場面もありますが、“毒女”となった尾野がスイミングスクールで肢体をさらし、全裸で男を誘惑すれば、深田も負けじと夫にセックスを迫る。過激シーンの目白押しで大きな話題になったでしょう」(映画関係者)

 だがそんな期待も叶わず、制作は暗礁に乗り上げた。そこには多少の無理もあったと、映画関係者が明かす。

「年内は深田のスケジュールがいっぱいで、5月下旬からは連ドラの撮影を控えていました。短期間で撮り終えなくてはならなかったため、ロケは朝から深夜にまで及ぶこともあったそうです。経験が少ない母親役だったこともあって、演技について思い悩む場面もあったようです」

 次第に追い込まれていく深田の体調を考慮し、撮影延期が決まったのは、5月18日のことだった。同日には〈撮影延期のお知らせ〉と題した文書で、

〈5月より緊急事態宣言下において慎重に撮影を進めて参りましたが、緊急事態宣言延長の影響を受け、たびたびの日程変更、ロケーションの利用制限、また出演者の体調不良などにより撮影困難な状況が重なった為、協議の結果、作品の撮影延期を決定致しました〉

 として、出演者やスタッフ、関係各所へ正式な制作ストップが伝えられた。

「延期になったのは深田一人の責任ではありません。文書にあるように、緊急事態宣言の延長で、ロケを予定していた施設からNGを通告される不運もありました。豪華共演陣は、尾野に限らず、綾野剛(39)や田中哲司(55)、桐谷健太(41)など売れっ子ばかり。スケジュール調整が難しく、年内の再開は断念するしかありませんでした」(映画関係者)

 予定を空けていた人気俳優を巻き込み、大騒動へと発展したのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
本田望結が“オトナ”を意識し始めた?海辺の強調ボディ「ビックリ成長具合」
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
稲村亜美、ゴルフ対決で本気を出した豪快“黒パン”見せと“みっちり”縦スジ