スポーツ

落合博満、中村紀洋の度肝を抜いたライト方向へのホームラン“意外な極意”

 スポーツバラエティ番組「こやぶるSPORTS超」(関西テレビ)のYouTubeチャンネル〈【こやぶるSPORTS超】チャンネル カンテレ公式〉に、主に近鉄バファローズ、中日ドラゴンズで活躍した元プロ野球選手、中村紀洋氏が出演。中村氏は豪快なスイングが持ち味で、2000年には本塁打王と打点王の二冠を獲り、プロ通算2106安打で名球会入りする選手でもあった。

 その中村氏は、若い時分には日本プロ野球界唯一となる3度の三冠王に輝いた落合博満氏のホームランシーンを、当時のVHSで何度も観ていたそうだ。落合氏と言えばキレイな放物線を描くライト方向へのホームランだが、それをどうやったら打てるのかと研究したといい、07年に中日に移籍した際、落合監督に”狙って打っているのか?”と直接訊ねたところ、驚きの返答があったと振り返っている…。

 同チャンネルの6月25日付け投稿回〈中村紀洋【1】4度リストラから復活したフルスイング人生!今だから話せる幻の阪神移籍の裏側&恩師との知られざる涙のドラマ&小籔にフルスイングの極意を伝授!〉を観ると、「バカか、狙うわけねえだろ!(タイミングが)遅れてるだけだ!」との落合監督の返答だったそうで、これには「え~!」と中村氏も度肝を抜かれたたそうだ。

 よくよく思い起こせば、イチロー氏も、会心のヒットより、体勢を崩される形で打たされながらも、絶妙なバットコントロールでヒットにしていた印象が強い。落合監督は、タイミングをずらされながらもホームランにしてしまうとは、なんという打撃力、飛距離だろうか…。豪快な中村氏をもア然とさせる、興味深い話が拝聴できた。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
健気!藤田ニコル、衝撃水着ブリッジに「“正面ショット”もお願いします」の声
3
藤田ニコル、インスタに水着姿公開もまさかの「ドテ高」に議論集中!
4
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史