スポーツ

清原和博「落合は変態どM」暴露発言で球界総スカンの全内幕!(2)

20131205b

 スポーツ紙デスクが苦笑しながら言う。

「落合氏がM体質だというのは球界では知られた噂だったので、『あぁ、アレね・・・』と妙に納得してしまいました」

 はたしてそれが真実なのかはそのデリヘル嬢に聞かなければわからないが、清原氏が落合氏を「変態ドM」であると、禁断の性癖までを白日の下にさらしたことで、

「公にコメントはしませんが、落合氏はメチャクチャ怒っています。『あの野郎、ブン殴ってやりたい!』と。清原氏は現役時代、『落合道場』に入門し、正座して落合氏の打撃理論を聞いていたほど。いわば師弟関係にありました。落合氏は『それなのにどういうことか』と大激怒しているのです。当然、落合氏周辺の人間も『これで清原氏との関係は断絶だ』と‥‥」(中日グループ関係者)

 落合氏は中日監督時代、堀内政権下の巨人でくすぶっていた清原氏をトレードで引き取ろうとしたことがあったという。中日球団関係者が言う。

「交換要員も決まり、『中日・清原』誕生で合意寸前までいきました。土壇場で不成立になった理由は、チームリーダーだった立浪氏が落合氏に『清原を獲っていいか』と聞かれて『勘弁してください』と言ったから。PLの大先輩だから、やりにくいと思ったようです。あるいは、清原氏の引退後、中日のコーチとして迎え入れようとしたこともありました。二軍監督などで若い選手と泥にまみれて苦労する気があったら使ってやろうか、という気持ちが落合氏の中にはあったんです」

 常に気にかける「親心」を持っていた落合氏にしてみれば、突然裏切られた気分になったことだろう。

 そもそも清原氏がここまで落合氏への猛口撃を極めるのはなぜなのか。その理由は先の暴露インタビューの中にある。中日の新体制が落合GM、谷繁元信選手兼任監督(42)になったことに触れ、

〈これ、ふざけてるわ。監督は立浪がならんとアカンでしょ。立浪の存在っていうのは巨人で言うたら原さんや。なのに落合さんがずっと邪魔し続けてるんや〉

〈そういえば終身GMなんて報道もあったらしいな。一生、立浪を監督にさせない気かよ!〉

 清原氏にとってPL学園の後輩である「ミスタードラゴンズ」立浪和義氏(44)は、09年の引退後、たびたび「次期中日監督候補」として名前があがってきた。高木体制終了が既定路線だった今回もまた、有力候補として浮上していたが、それをGMの落合氏が潰したと考えたようなのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西野カナの休養宣言で芸能界に広がっている「意外な風評被害」とは!?
2
中居正広、2番組打ち切り報道で急浮上した「ポスト中居の意外ジャニタレ」
3
松本人志・三又又三「絶縁騒動」に続きあの“電撃”芸人にも金銭トラブルが
4
藤原紀香、広末涼子…今年前半は芸能人夫婦の“改元離婚”ラッシュが起きる?
5
「ゴチ」に千鳥ノブ加入で「これでアノ男はなおさらいらない」の声続々!