社会

小泉純一郎“原発即ゼロ要求”で蠢く「北方領土奪還」密約!(1)脱原発提言に様々な憶測が…

20131205e

“政界の師”である元総理が公の場で「即時ゼロ」という言葉を使ってまで、現総理に「エネルギー政策」の転換を求めた。この異例の事態に、永田町では「元総理の真意は『脱原発』とは別のところにあるのでは‥‥」とささやかれ始めている。そんな中、元総理の提言の裏で「北方領土返還」の“密約”が蠢いているとの情報をキャッチした。

「ここで、もし安倍総理が原発ゼロにして、自然を資源にする国家を作ろうと方針を決めれば、反対派はもう反対できませんよ」

 11月12日、日本記者クラブで会見した小泉純一郎元総理(71)は、またしても「脱原発」を訴えた。

 これまで講演などで話してきた小泉氏の主張は一貫しており、今回も同様であった。

 その主張を要約すると、核廃棄物の最終処分場がない現状で、原発を稼働させるのは無責任である。原発にかけてきた金をクリーンな再生可能エネルギーの開発へと回すべきだ。日本人は何度もピンチをチャンスに変えてきた。今回の原発災害もチャンスに変えられる──ということになる。

 しかし、今回は久しぶりに410人もの報道陣に囲まれたせいか、小泉氏はヒートアップ。冒頭のように、安倍晋三総理(59)を名指しして、「即ゼロ」という言葉を使ってまで、政策転換を提言したのだ。

 しかも、記者からの質問に答えて、こう主張した。

「(命をかけた)郵政民営化の比じゃない。(脱原発は)壮大な夢がある」

 その一方で、新党の結成や脱原発派との連携を否定。小泉氏自身が議員に戻る気はないことを繰り返した。会見以前に、社民党の吉田忠智党首(57)と会談しているにもかかわらずだ。

 小泉氏の一連の言動に、政府与党や永田町の議員たちは「何をしたいんだ?」と、真意を計りかねている。

 その戸惑いは、自民党の石破茂幹事長(56)の発言からもわかる。10月に小泉氏の脱原発講演が話題となると、「我が党の政策は変わらない」と発言していたのに、小泉氏の会見直前には「原発依存度を下げていく。目指す方向は一致している」と方向転換。そして、11月15日になると、「具体論がなければ、単なるスローガンにすぎない」と再び小泉氏を斬って捨てたのだ。

 そして、小泉氏の真意を巡り、永田町では多くの憶測が乱れ飛んでいる。

 その一つに、小泉氏の背後にささやかれている米石油メジャーの存在だ。現在、国内の原発は全て停止しており、火力発電などで電力を賄っている。その代替燃料費が年間4兆円となっているのが現状だ。

 つまり、原発が停止している間に、日本に石油を輸出したい米企業の“手先”に小泉氏がなっているというものだ。

 しかし、永田町関係者は違う見方をする。

「いくら小泉氏が親米派だったとはいえ、国富を他国に流出することに手を貸すわけがない。国益のために脱原発を唱えているはずです。米国ではなく、ロシアへのアピールであり、『北方領土奪還』のために、小泉氏はエネルギー政策の転換を求めているのです」

 いったい、どういうことなのか──。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
2
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
3
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?
4
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
5
重大発表も物議!フワちゃんより“天狗になっている意外な人物”とは!?