社会

福島県民に緊急アンケート!県民のナマ肉声を届ける!(1)広がる地域と心の分断

 福島県で異変が起きている。市民の行政に対する不満が爆発、郡山市、いわき市、福島市の市長選で現職市長が相次いで落選したのだ。そこで県民1000人への緊急アンケートを実施すると、マグマのごとく煮えたぎる怒りの声があふれ出した。

 今月17日に行われた福島市長選で、4選を目指す現職にダブルスコアで圧勝したのは無所属の新人で元環境省職員・小林香〈かおる〉氏(54)だった。福島県では4月に郡山市、9月にいわき市で現職が落選しており、3大都市で連続して市長交代劇が起きたことになる。小林市長は支持を得た理由をこう語る。

「市民選挙をやり、市民の皆さんとの対話姿勢を強く出してきたということが支持された第一の要因かと思っています。それと、これまでの経歴の関係で、中央とのパイプに対する期待があったのではないかと思います。復興を実現してくれるためには、中央とのつながりは当然必要なことだと思いますし、市民の皆さんが求める声もありました」

 相次ぐ現職市長落選の背景には、県内に渦巻く市民の怒髪天を衝〈つ〉く怒りがあったことは間違いない。13年前から福島県田村市に住み、原発から21キロ地点に自宅がある「福島で生きる!」(洋泉社)の著者・山本一典氏はこう解説する。

「3大都市は、いわき市の一部を除くと全て30キロ圏外なので、ほとんど賠償を受けていません。そういう意味でも不満が溜まり、そのはけ口がこういう結果になったのだと思います」

 今回の選挙結果を受け、小誌が行った緊急アンケートでもこんな肉声が寄せられた。

「30キロ圏内ばかりを被災対象にして賠償しているが、圏外でも放射能の線量が高いのに政府も県も市も知らんぷりしている。賠償の不平等で30キロ圏外の人々は怒っている」(50代男性)

 前出・山本氏が続ける。

「こういう田舎は皆、仲よく暮らしていたのが、20キロ圏、30キロ圏など、いろんな線引きをされました。そのことで、補償の問題も進まず、時間がたてばたつほど地域と心の分断が広がっています」

“分断”は県民の声にも表れている。40代の女性はこう漏らす。

「避難者が流入したことで町が混雑しており、道路や商業施設・病院機能に多大な支障が出て麻痺しています。いわゆる第二の町構想や、避難地域を復興させて帰還できるようにすることなどで、避難されている方々に長期間安心して住める環境を整え、急激な過度の人口増加のひずみを一刻も早く解消すべきです」

 のどかな田園の情景は奪われ、殺伐とした気持ちを持たざるをえない状況なのである。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道