芸能

浅田舞、田中理恵とのトランポリン対決で魅せた「美バスト激揺れ連続102回」!

「ボヨ~ン!ボヨ~ン!ボヨ~ン!ボヨ~ン!」

 その衝撃が全世界に配信されたのは7月2日。元体操日本代表の田中理恵(34)の公式YouTubeチャンネル「田中理恵 RIE TANAKA」でのことだった。同日配信されたのは、元フィギュアスケート選手でタレントの浅田舞(32)と田中のどちらが身体能力が高いかを3本勝負で競う企画で、負けたほうが罰ゲームでモノマネを披露するというものだ。芸能記者が解説する。

「1本目の勝負「バランス対決~!!」では、平均台に片足で立ちどちらが長くキープできるか。平均台が得意分野の田中は『目をつむったまま』というハンデ戦でした。そして世の男性の目を釘づけにしたのが2本目の勝負『トランポリン対決~!!』です。肌にピタッと密着した薄手のスポーツウエアに身を包んだ浅田の胸は、見るからにこんもり。その大きな2つの山がトランポリンでジャンプするたび”バウンド”する。それも時間にして1分42秒、102回連続で上下にボヨン!ボヨン!と激しく揺れまくっています」

 3本目の勝負「ツイスター対決~!!」では、2人ともまさに”人間のレベルを超えた柔軟性”を披露している。

「この動画のメインは、このツイスター対決です。20分以上にわたって熱い戦いが繰り広げられていて、ここでも浅田の美ヒップや胸の渓谷を拝むことができます」(前出・芸能記者)

 7月7日朝の時点での視聴回数は48万回をオーバーしているように、2人の人気がうかがい知れるところだが、特にこのところの浅田は、“艶ビーム”を放ちまくっている。その裏には何があるのか。

「5月発売の『週刊プレイボーイ』(集英社)で4年ぶりとなるグラマラスボディを披露したり、バラエティ番組『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では大きなバストの形を保つため、寝る時に上半身用の肌着を着用していることを包み隠さず告白。彼女も7月17日で33歳。これまで映画で声優を務めたり、舞台に出演したことはありますが、ドラマ出演はありません。このあたりで大きなバストを武器に、女優業への本格的な参戦をアピールしているのではないでしょうか」(前出・芸能記者)

 同じ元フィギュアスケート選手でタレントの村上佳菜子(26)が6月1日、大手事務所の「ホリプロ」に移籍して「女優宣言」をしたばかり。浅田も負けてはいられない!といったところか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合