芸能

薄幸「演技才能のなさは100人に1人と言われた」

●ゲスト:薄幸(すすき・みゆき) 1993年、千葉県生まれ。小学5年生から高校2年生まで子役として活動後、17歳の時に「ワタナベコメディスクール」へ。その後、太田プロダクションに所属し、女性コンビで活動するが15年に解散。同年、「たけしの等々力ベース」(BS フジ)にて、「幸が薄そう」との第一印象からビートたけしに「薄幸」と命名される。17年、安部紀克とお笑いコンビ「納言」結成。ボケとネタ作成を担当。「M-1グランプリ2018」から3年連続で準々決勝進出。現在「お笑い第7世代」のひとりとして各方面で活躍中。

「お笑い第7世代」のひとりとして、今やバラエティー番組に引っ張りだこのお笑いコンビ「納言」の薄幸。ライダースジャケットとヤサグレキャラでおなじみだ。が、意外にも子役として活動していた過去があるとか。その意外な経歴と怪しい私生活に天才テリーが迫る!

テリー 幸さんは小学生の時から、子役として芸能活動をしていたんだね。

 そうですね、エキストラばっかりでしたけど。女優でもアイドルでもいいし、気がついたら、テレビの中の人になりたいって思ってました。

テリー 誰みたいになりたかったの、当時。

 誰だったんだろう。女優さんで言ったら、多部未華子さんとか。でも、高2の時に当時のマネージャーに呼び出されて、演技の才能がない赤ちゃんが100人に1人ぐらい生まれるらしいんですけど、「それがお前だ」って言われて。それで事務所をやめました。

テリー そんなこと言われちゃうんだ。傷つくよね。

 でも、しょうがないです、生まれちゃったので。で、17歳で「ワタナベコメディスクール」に入って、今もお笑いをズルズル続けてる感じです。

テリー なんでお笑いだったの?

 とにかく芸能人になりたくて、何がいちばん簡単かなって思ってた時に、「お笑いに手を出してないな」って、ほんとに軽い気持ちで。あと、前の事務所の時に授業で漫才を1回やったことがあって、それがすごい楽しかったんですね。

テリー 今は太田プロでしょ。ワタナベの学校に行ったらナベプロに入るんじゃないの。

 入れなかったんですよ。その時の養成所生は、全体の1割ぐらいしか所属できなくて、私は漏れちゃって。で、太田プロのオーディションに行ったら、けっこうすんなり入れました。

テリー 太田プロのオーディションは甘々ってこと?

 ナベコメの講師が元「ノンキーズ」のヤマザキモータースさんっていう方で、太田プロの先輩なんです。で、その方に「ちょっと入れてください」っていう感じで言ったら、すぐに入れて。まぁ、コネですね。

テリー でも、面接とかはあったんでしょう。

 オーディションはありました。でも、私はコネなので、すぐオーディションを受けられて、漫才をやりました。

テリー その時、もう相方はいたの?

 いました。女コンビを組んでいて。でも、すぐ解散したんですよね、21か2ぐらいの時に。で、ピンで2年ぐらいやってたら、今の相方(安部紀克(あべよしかつ))に声かけられて、「納言」を結成したんです。そしたら半年ぐらいで、今のネタの形が見つかって。

テリー ネタは幸さんが書いてるの?

 今はそうですね。昔は100パー相方が書いてましたけど、徐々に書かなくなって、私が全部書くようになってから、けっこう調子よくなりました。

テリー そうか(笑)。相方は複雑な気持ちだね。

 どうなんですかね。最初はちょっと悔しいとかあったかもしれないですけど、今は何もせずに、休みはあるし、ちょっとお金もあるし、洋服とか買い漁ってて、すごい楽しそうです。もう割り切ったみたいで、嫉妬とかされないので、楽は楽ですね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    悩める男性を2人が全力応援!YouTube番組「オトナの保健室」がいま話題に

    Sponsored
    249165

    30代後半あたりから悩む男性が急増するというAGA(男性型脱毛症)。「数年前の自分の写真と比べて生え際が後退している」、「風呂上りにドライヤーをかけると頭皮の見え具合がハンパない」など、気付くきっかけはさまざまだが、一度気になり始めると普段…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
降格人事の舞台裏…巨人・原辰徳監督が「桑田真澄ファーム総監督」の功績をバッサリ斬り捨てた
2
阪神・佐藤輝明に大物OBが断言した岡本和真・村上宗隆との「決定的な違い」
3
京都で花見旅行パニック!地元住民が頭を抱える「オーバーツーリズム」ひどい現場
4
あの絶対的エース痛恨!プロ野球「連続開幕投手記録」を阻止したのは「落合博満」と「余計なひと言」だった
5
巨人・原監督の「家に帰ってくれ」指令に「私はキャプテンですから」と答えた岡本和真の心境