女子アナ

宇垣美里、本格女優デビューの裏で”封印”した「気に入らない相手への辛辣陰口」とは?

 その気位の高さからなかなか女優デビューを果たせなかった元TBSアナの宇垣美里(30)。とかく先輩女優の田中みな実と比較されがちだが、今後は本格的な女優を視野に活動するという。そんな彼女の近況を7月20日発売の「週刊アサヒ芸能」がレポートしている。

 フリーになって2年余りの宇垣が満を持して新境地に挑んでいるのが、放送中のドラマ「彼女はキレイだった」(フジテレビ系)での本格女優デビューだ。同ドラマはSexy Zoneの中島健人と女優の小芝風花がW主演の作品。舞台は2人が勤める世界的ファッション誌「ザ・モスト」の日本版編集部を舞台で、宇垣は若手編集者の須田絵里花役を演じている。役どころは勝気な性格で、玉の輿を狙う肉食女子。美容やメイクが専門のビューティー班で仕事ができる編集者だとか。テレビ誌編集者によれば、

「今回の女優デビューに際して、宇垣のキャラクターを相当に意識したようで、脚色もそのような設定になっています。宇垣は『宇垣美里のコスメ愛』(小学館)を出版するほどの美容オタク。大学入学後に、百貨店の化粧品店でメイクをしてもらい、顔が変わることに感動し、その後、お絵描きのような楽しさにハマったそうです。スキンケアも毎日11工程を20分以上かけて行い、かなりのこだわりもあるようです。日ごろから美容担当の編集者と仕事をすることも多いので、須田絵里花役は宇垣にぴったりな役どころでしょう。勝気な性格も本人そのものです。主演の小芝と宇垣が同じ事務所ということもあって、ドラマ出演が決まった経緯もあるだけに、このドラマ挑戦で、本格的に女優へのシフトも視野に入れているそうです」

 また、宇垣はかつては気に入らないことを言われた相手には陰で相当に辛辣なことを言うこともあったという。その口癖の中身と、現在ではそれを“封印”した事情も含め、7月20日発売の「週刊アサヒ芸能」7月29日号で詳細にレポートしている。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
3
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
4
テレビ朝日の長寿ミステリー連続終了で外濠が埋まった「相棒」「科捜研の女」の幕引き
5
元Wink鈴木早智子「報道陣たった20人」のシラケた質疑応答/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史