芸能

鈴木保奈美に「脱ぎオファー殺到」!21年前に“知る人ぞ知るシーン”が…

「会うたびに話すのは家族のことばかりだったので、家庭円満だと思っていました。まさか、別れるなんて…」

 と、呆気に取られた表情で語るのは女優の鈴木保奈美(54)が通う都内トレーニングジムの常連客だ。保奈美といえば去る7月16日、ユーチューブチャンネル「貴ちゃんねるず」でとんねるずの石橋貴明(59)との離婚を電撃発表。「石橋貴明 鈴木保奈美から大切なお知らせ」と題した動画を最後に、98年の“できちゃった再婚”から22年半続いた夫婦生活に終止符を打った。そこには、相反する2人の意思が見え隠れしているという。芸能関係者が解説する。

「離婚は保奈美たっての希望。数年前から話し合いが行われていたそうです。対する石橋は頑として別れたくなかったようですが、そんな思いをよそに、保奈美は昨年の7月に個人事務所を設立し、9月には都内のマンションを個人名義で購入するなど独り立ちの準備を着々と進めていました。結果、石橋が本気のリコカツに根負けしてしまった。石橋の事務所に籍を残したのは形だけで、今後は個人事務所を窓口にして仕事をする意向だといいます」

 そもそもの発端は、保奈美がNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」で女優復帰を果たした11年にまでさかのぼる。

「石橋は保奈美が外で働くことに反対していました。当時小学生だった娘たちの子育てに全集中してほしかったようです。そのため、『深夜の撮影禁止』、『撮影が終わったらすぐ帰宅』などのルールが課せられ、『共演者と必要以上に仲良くしない』とのお達しも…。おのずと、スタッフや共演者からも必要以上に気を遣われるようになり、保奈美はかなり窮屈がっていたようです」(前出・芸能関係者)

 がんじがらめの“石橋ルール”から解放されたことによって、各方面からオファーが殺到しているという。

「地方ロケや深夜の撮影が解禁になったので、オファーできる役の幅が広がりました。独身になったからでしょうか。離婚発表から1週間でベッドシーンありの作品のオファーまで届くようになったそうなんです」(前出・芸能関係者)

 7月27日発売の「週刊アサヒ芸能」8月6日号では、鈴木保奈美に脱ぎオファーが殺到する理由と、21年前に公開していた“知る人ぞ知る”ベッドシーンを詳細に解説している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
3
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
4
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
5
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!