スポーツ

「侍ジャパン」山本由伸、「菅野の元カノと密会」報道に「申告敬遠して」の声

 お相手がお相手だけに野球ファンも黙っていられない!?

 オリックスの山本由伸投手がモデルの野崎萌香とホテルで密会していたと7月27日に「NEWSポストセブン」が写真付きで報じた。報道によれば、山本が野崎との密会をキャッチされたのは11日夜。山本は自身が宿泊していた都内の高級ホテルに隣接するイタリアンレストランの個室で野崎と、野崎の友人の女性の3人で飲食を楽しんでいたそうだ。

 食事を終えた後は山本と、野崎らは別々に店を後にしたがホテルロビーで再び合流。3人で客室行きのエレベーターに乗り込んで消えていったとのことだ。

 また、野崎はずっと山本に寄り添い、友人は一歩離れたくらいの距離感を保っていたそうで、山本の手には野崎からプレゼントされた大きな白い紙袋が握られていたという。野崎の友人というよりは野崎が山本をロックオンしているといった状況であることが想像できるのだ。

 ただ、野崎といえば、19年に巨人のエース・菅野智之との熱愛が発覚。今年4月に破局が報じられたとはいえ、山本が菅野の元カノと急接近していることに野球ファンからは〈野崎萌香ってブルーノマーズ怒らせた人ですよね。やめておいた方が良いと思います〉〈山本はモテるんだからしっかり相手は選んだ方がいいぞ。今回は申告敬遠しとけ!〉〈野崎さんは男の価値を防御率で決めてそう〉などといった声が上がっており、応援ムードはあまり感じられないのだ。

「山本も独身ですから恋愛するぶんには問題ないでしょう。ただ、侍ジャパンに選出され、28日の初戦(対ドミニカ共和国)戦では開幕投手に指名され6回まで無失点に抑え2番手に譲った日本球界の宝ですから、野球ファンとしても交際相手に口を出したくなる気持ちもわかります」(スポーツ紙記者)

 さらに野崎のほうにも、印象が悪くなるような過去の言動が報じられたこともそうした声に拍車をかけているとか。

「野崎といえば、18年に行われた米国の人気アーティストのブルーノ・マーズの来日公演をモデル仲間と最前列で鑑賞していた際、ブルーノが歌唱中に、ステージに背を向けスマートフォンで自撮り動画を撮影するという非常識な行動を取り、ブルーノを激怒させる騒動を起こしてSNSが炎上していたんです。騒動からはブルーノのライブを最前列で聞いてる私を見てほしいととれるような野崎の自己顕示欲の強さもビンビン伝わってきますから、交際相手をステータス重視で選ぶスタンスなのでは?と勘繰られているんです。それでも侍ジャパンの元エースである菅野から山本に乗り換えるというのは、菅野と山本の間でも多少なりともバチバチはするでしょうし、その“継投”は神経が図太くなければなかなかできませんよね」(前出・スポーツ紙記者)

 また、今回の記事によれば、菅野は野崎と結婚してアメリカに連れていくことを望んでいたが、野崎が首を縦に振らずギクシャクしたのが菅野と野崎の破局の原因と言われているそうだ。

 これが事実ならメジャー願望がある山本が仮に野崎と交際したところでいずれは同じ結末に…とも思えてしまうだけに、山本にはその点も頭に入れて野崎と交流してほしいところだ。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
衝撃発覚!「楽曲提供」上白石萌音を悩ませる「薬物作曲家」の逮捕劇
4
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…