芸能

あの大食い“魔女”がかわいそう!?19年の女王戦が「なかったことに」と物議

 7月23日、約2年ぶりに「最強大食い女王決定戦」(テレビ東京系)が放送され、大食いファンの注目を集めている。この日は東京五輪の開幕式も開かれたが、女王戦はそれに負けない盛り上がりで美女たちが熱い戦いを繰り広げた。だが、今回番組が示したある見解について、一部のファンから疑問の声が上がっている。

 それは「現女王」についての解釈。今回、アンジェラ佐藤が「現女王」として紹介されたが、本当の現女王は“魔女”こと菅原初代ではないかというのである。

 この大食い王決定戦はほぼ毎年行われていて、今年は「女王戦」が開かれた。20年は女性の新人戦と、男女混合戦が行われている。そして19年は女王戦が開かれ、菅原が女王に輝いている。となれば19年の女王である彼女が「現女王」になるのが当然。

「テレ東の大食いは17年10月の放送の後、番組スタッフのトラブルが噂されました。その後、スタッフが一新されて18年9月に復活したんです。ところが番組は迷走。19年は異常なシステムが採用され、『これでは女王とは言えない』との声が上がりました」(テレビ誌ライター)

 19年のシステムは予選を勝ち抜いた1人が、大食い四天王の中から相手を選んで決勝戦を戦い、勝ったほうが女王になるというもの。予選を勝ち抜いたのは“はらぺこツインズ”こと小野あこで、相手に選んだのは菅原。勝ったのは菅原だった。本来であればその菅原が現女王となるのが当然だが、今回の番組は18年の女王戦で勝ったアンジェラ佐藤を現女王としたのである。つまり19年の大会はなかったことにされてしまったのではないかというわけだ。

「19年のシステムがあまりに不評だったのでそういう措置を取ったのでしょう。なにしろ女王の菅原さん自身がブログでシステムに疑問をぶつけ、『女王とは思ってませんよ』と語っているぐらいです。こういうことが2度と起きないよう、しっかり考えてシステムを作ってほしいですね」(前出・テレビ誌ライター)

 今回、すっきりとした形で菅原が女王となった。今後の戦いが楽しみだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク