芸能

あの大食い“魔女”がかわいそう!?19年の女王戦が「なかったことに」と物議

 7月23日、約2年ぶりに「最強大食い女王決定戦」(テレビ東京系)が放送され、大食いファンの注目を集めている。この日は東京五輪の開幕式も開かれたが、女王戦はそれに負けない盛り上がりで美女たちが熱い戦いを繰り広げた。だが、今回番組が示したある見解について、一部のファンから疑問の声が上がっている。

 それは「現女王」についての解釈。今回、アンジェラ佐藤が「現女王」として紹介されたが、本当の現女王は“魔女”こと菅原初代ではないかというのである。

 この大食い王決定戦はほぼ毎年行われていて、今年は「女王戦」が開かれた。20年は女性の新人戦と、男女混合戦が行われている。そして19年は女王戦が開かれ、菅原が女王に輝いている。となれば19年の女王である彼女が「現女王」になるのが当然。

「テレ東の大食いは17年10月の放送の後、番組スタッフのトラブルが噂されました。その後、スタッフが一新されて18年9月に復活したんです。ところが番組は迷走。19年は異常なシステムが採用され、『これでは女王とは言えない』との声が上がりました」(テレビ誌ライター)

 19年のシステムは予選を勝ち抜いた1人が、大食い四天王の中から相手を選んで決勝戦を戦い、勝ったほうが女王になるというもの。予選を勝ち抜いたのは“はらぺこツインズ”こと小野あこで、相手に選んだのは菅原。勝ったのは菅原だった。本来であればその菅原が現女王となるのが当然だが、今回の番組は18年の女王戦で勝ったアンジェラ佐藤を現女王としたのである。つまり19年の大会はなかったことにされてしまったのではないかというわけだ。

「19年のシステムがあまりに不評だったのでそういう措置を取ったのでしょう。なにしろ女王の菅原さん自身がブログでシステムに疑問をぶつけ、『女王とは思ってませんよ』と語っているぐらいです。こういうことが2度と起きないよう、しっかり考えてシステムを作ってほしいですね」(前出・テレビ誌ライター)

 今回、すっきりとした形で菅原が女王となった。今後の戦いが楽しみだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
2
TBS良原安美が薄生地スカート張り付き事故!浮かび上がった「意外な下腹部のカタチ」
3
松井と高橋由にもうひとり…投高打低のプロ野球界をあざ笑う「90年代の巨人は3割30本を3人」の超重量打線
4
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!
5
隠れ爆バスト!加藤紀子のもっちり膨らみ写真は完熟の極み