芸能

東京五輪“妨害ライト”騒動で日テレ「スッキリ」“打ち切り危機説”が再燃!

 東京五輪卓球女子シングルス準々決勝の試合中、伊藤美誠選手が取材陣のカメラライトがまぶしいと審判にアピールしたことがネット上で物議を醸したが、この“犯人”が日本テレビ系の情報番組「スッキリ」のクルーだったことが8月5日、「デイリー新潮」により報じられた。

 この“妨害ライト”は当初、対戦相手が韓国人選手であったため、ネット上では韓国メディアによるものとされ炎上していた。

「デイリー新潮」に掲載された日テレ関係者の証言によると、中継画像には日テレの森圭介アナのほか、知った顔が映っており、情報番組のクルーのためスポーツ取材の勝手がわからず、ライトをつけてしまっただけでは、とのこと。「デイリー新潮」の問い合わせに対し、日テレもこれを認めているという。炎上を知りながら黙っていた日テレに対し、ネットユーザーからは「すぐに正直に言わないからこんなに大問題になってしまう」「あんなに五輪開催に反対していたワイドショーの取材を試合会場に入れるのもどうなんでしょう」など批判の声が殺到。

「『スッキリ』といえば、今年3月の放送で、アイヌ民族に対する差別ととれる発言が問題になったばかり。この時も番組打ち切り説が出ましたが、今回の“妨害ライト”が追い打ちの形になり、さらに番組の存続が危うくなってきた印象です」(芸能ライター)

 すぐに謝罪しておけば、韓国メディアも濡れ衣を着せられずに済んだはずだが。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
「ポスト水卜麻美」はショートカットにタプタプのバスト…小高茉緒の桃色天気予報が眼福すぎる