芸能

羽鳥慎一が「決意表明」も…テレ朝五輪スタッフ宴会に「視聴者の激怒」嵐!

 テレビ朝日は8月10日、東京五輪担当スタッフ10名が8日夜に緊急事態宣言下の都内のカラオケ店で打ち上げ目的の宴会を行い、参加者の20代女性社員が9日未明の退店時に店の外に転落して負傷し、救急搬送されたと発表した。警視庁によると、女性社員は店の2階窓から転落し、左足骨折の重傷だという。

 10名はスポーツ局の社員6名と社外スタッフ4名で五輪放送に関係する仕事に携わるディレクターやADとのこと。五輪の閉会式当夜に起きた不祥事に、テレ朝は「不要不急の外出等の自粛を呼びかける立場にありながら著しく自覚を欠く行動があったことは大変遺憾であり、深く反省しています」などと謝罪のコメントを発表している。

 この騒動にネットでは「五輪で浮かれた人が飲みに出かけて感染拡大なんて報道していた連中が一番浮かれてるとは」「集団で飲んで騒いじゃアカンってわかってるよね?自分たちは特別と思ってるのか?」「コロナで救急医療も大変なのに。くだらない理由で骨折して救急医療を圧迫するな!」「国民や政治家の飲み会を批判しておいて、自分たちも飲み会やってちゃ説得力ないだろ」「もうテレ朝の自粛呼びかけには誰も耳を貸さないだろうな」と批判が殺到。10日夜放送の「報道ステーション」では、富川悠太キャスターが謝罪文を読み上げ、番組コメンテーターで共同通信編集委員の太田昌克氏は「コロナ禍の今だからこそ、メディアやジャーナリズムに対する市民の信頼が何より大切。しかしそれを裏切ってしまった」と、怒りの面持ちで語った。

 翌11日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」では羽鳥慎一キャスターが「今回のことはありえない。自覚がないというレベルをはるかに超越しています。やってはいけない立場の人間が、やっていけないことをすべてやっていました」とコメント。テレ朝社員でコメンテーターの玉川徹氏は、社員として頭を下げ、緊急事態宣言下で自粛を呼びかけている立場の人間が宴会をしたこと、五輪に関して感染拡大が危惧される中で五輪担当の社員が宴会をしたこと、医療体制がひっ迫する中で無用な負荷を救急医療体制にかけてしまったことを問題点として挙げていた。

「局関係者はみな、頭を抱えているでしょうね。感染拡大防止を呼びかけている側が、裏で感染拡大させかねない行動をしていたのですから。宴会に参加した人物への厳しい処分は避けられないでしょう」(報道関係者)

 羽鳥は「これからも番組ではコロナ関連の外出自粛等注意喚起を、大切なことなので呼びかけて参ります」と「決意」を口にしたが、はたして視聴者は今後、彼らの呼びかけに耳を傾けてくれるのだろうか。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
3
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」
4
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
5
元阪神・糸井嘉男がラジオ生放送で「不適切発言」のアタフタ現場