芸能

若槻千夏、「矢部浩之が嫌いだった」発言に“やっぱり苦手”ブーメラン指摘続出!

 タレントの若槻千夏が、8月7日放送の「おかべろ」(関西テレビ)に出演。過去に“嫌いだった芸能人”をぶっちゃけ話題となった。

 爆発的に売れていた当時、レギュラー番組を8本持っていたという若槻は、番組出演後、自分がダメだった点をノートに書き留め、大物MCを分析。話を振ってくる際の特徴や、返すコメントの長短などについても、細かく記録していたのだとか。そんな中、「芸能界で唯一、ずっと嫌いだった」と人物として挙げたのが、ナインティナインの矢部浩之だった。

 若槻は「矢部さんのことは…向こうにもハマらなかったし、私もハマることができなかったっていうので、すっごいトラウマで」と切り出し、矢部を「話が長いのを退屈そうにするMC」とし、「(トークで)バーッと言って、優しくフォローしてくれる人とか、相づちしてくれる人とかいるんですけど、もう矢部さんだけは、爪噛み始めて『それいけるん?』みたいな。もう絶対入ってこない。爪噛む時点で口塞いでますから。入ってくるつもりまったくないじゃないですか。それが毎回すごいトラウマで」と回顧。

 今はそんな矢部も家庭を持ち丸くなったことで関係も良好だというが、今回の若槻の発言には〈やっぱり若槻が苦手〉とする辛口な評が相次いでいる。

「若槻はブレイク時に“おバカキャラ”として売っていましたが、最終的にはその誇張ぶりが視聴者に見透かされるとともに飽きられ、アンチが急増。芸能界からフェードアウトしました。結局“分析好き”が裏目に出て本人を追い詰める格好となったわけですが、もしかすると当時の矢部も、そんな若槻が苦手だったのかもしれません。今回、15年に復帰するにあたり“どうやったらひな壇に戻れるか”を一生懸命考えたといいますが、いまだにその分析好きは変わらず。実名を出してまで過去の芸能界をぶっちゃける路線にも疑問の声があがっており、いつまで需要があるのか微妙です」(芸能ライター)

 実はマジメすぎるのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人