芸能

霜降り・粗品は「先輩に暴言連発」の“尖り”芸人/坂下Dの「地獄耳」芸能

 お笑い第七世代には、現在進行形で尖っている芸人がいる。霜降り明星の粗品だ。

 先輩芸人でも簡単に下に見ている。チョコレートプラネット・松尾駿が楽屋入りしても、寝転んだまま起き上がることなく、適当な挨拶をかましたり、ミキの昴生に対しては「オレの前を歩くなー!」と頭を叩いたことまである。さらば青春の光の東ブクロに至っては、同じ同志社大学の先輩後輩という関係でありながら、東ブクロが大学のお笑いサークル出身であることをいまだに小馬鹿にしている始末なのだ。

 ナインティナインの岡村隆史は、粗品がダウンタウンの松本人志に対してまでも尖った態度で接することに恐れおののいている。

「粗品なんか、松本さんとかと番組をようやるから、(松本に)『金髪』とか言えんねん。でも『金髪』って言うたら、オレ、ビクッてすんねん。だから、粗品に『金髪言うな!』って。そんなん言うたら、殺されるぞっていうぐらいの勢いで」

 注意すると「粗品は『すいません』みたいなことを言うてたけど…」と、岡村は語る。

 爆笑問題の太田光は、粗品のツッコミの乱暴さを指摘する。楽屋あいさつに来た粗品に、「粗品さ、歌出したんだって?」「お前、第2の小林亜星狙ってんじゃねぇのか?」と言うと粗品はこう返したのだ。

「狙うか!狙うなら、もっと売れてる奴狙うわ」

 小林亜星さんは、生涯で6000曲以上残しており、「アイツ、知らねぇから『お前、小林亜星は相当売れてるぞ』って」と、太田は正した。

 また、テレビ番組でも約半世紀に渡って日本の芸能界を支えた漫才師、内海桂子・好江の名前が出た時も、「誰やそれ!」とツッコんでしまっている。

 実は知らなくて、見切り発車的なツッコミなのか、うっすら知っていて、尖りから雑にツッコんでいるのか、気になるところだ。

坂下ブーラン(さかした・ぶーらん)=筆名=:1969年生まれのTVディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティ番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYoutTube動画を制作、視聴回数の爆発をめざし奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
2
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋
3
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
4
有吉弘行「性ビデオ業界転身」も考えた…「故郷の広島に帰る」宣言で夏目三久はどうする!?
5
ドン引き!「坂上忍に2歳長男を預ける」華原朋美の「超前のめり」な主張