エンタメ

テリー伊藤 対談 海江田万里(4) 日本の国民はお人よしです

テリー  現実問題として原発をこれからどうしていくか、国民はみんな気になってると思うんですよ。
海江田  私はずいぶんいろんな人の意見を聞いたし、自分もいろいろ考えましたけど、やっぱり最後は国民投票しかないですよ。ただ、今は国民投票の制度がないので、憲法を変えなきゃいけない。
テリー  原発をやめるかやめないかで国民投票をやると。
海江田  はい。それで国民の意思に従うしかない。両方理屈があるんだもん。
テリー  例えば、今年の夏は節電の期間が早めに終わりましたけど、ちょっと脅かしすぎだったんじゃないですか?「何だよ、そんなに節電しなくても」って。
海江田  いやいや、万一何か起こった時のリスクを考えると、やらないわけにいかないんで。
テリー  冬はどうなんですか。
海江田  冬は平気ですけど、節電はお願いします。
テリー  野田政権は増税するって言ってますけど、海江田さんは反対の立場でしたよね。
海江田  代表選の時は、こういう時は増税すべきじゃないと言いましたが、私は代表選に敗れたわけだから、あえて今は言いません。でも、これからはホントに経済、厳しいですよ。
テリー  そうですよね。
海江田  でも、国民も復興のための増税はしょうがないんじゃないかと言ってるんですよ、調査でも55%ぐらいの人が。
テリー  日本国民というのはお人よしですよね。
海江田  僕の口からそうは言えませんけどね(笑)。
テリー  あんなに節電を頑張って、さらにまた税金取られるのかよって。
海江田  それは東北の方が気の毒だからっていう善意だと思うんだけども、その善意が裏切られないようにするのが今の私の役割だと思ってます。
テリー  この前も安住財務大臣が「役人の年収は一流企業よりも低いんです」とか言ってたけど、日本に一流企業なんてわずかで、ほとんどが年収300万円ぐらいで頑張ってますよ。
海江田  そう。それに今時、一流企業でも宿舎があるとこがどこにありますか。だから、役人の宿舎も議員宿舎もなくていいんですよ。
テリー  そうですよね。
海江田  だから、菅さんと私は3月の事故が起きてから、ちょっとタイムラグはありましたけど、大臣の給料は全部返したんです。大臣は議員の給料に90万ぐらい上乗せになるんだけど。
テリー  大きいですね。これからの目標は何ですか。
海江田  国の姿を決める時に税金の問題というのは密接に関係しているんですね。今、いろんな新しい税が出てきてるんで、そういう税制を一生懸命勉強して、生かしていきたいと思ってます。
テリーから一言  早く総理になって、今度は総理の肩書でアサ芸の対談に来てほしいなあ。その時は僕を官邸に呼んでください。

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス