芸能

近藤春菜「スッキリ復帰」の可能性も…「不要論」が噴出中!?

 今年3月、朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)を降板したハリセンボンの近藤春菜。ラスト直前の放送では、2016年から5年間、サブMC を担当した彼女をねぎらうサプライズライブが行われ、思わず号泣。涙ながらに番組への想いを語った近藤は「愛を返せるように頑張ります」と今後の活躍を誓っていた。

 そんな彼女が「スポット復帰」を果たしたのが降板から間もない8月。夏休みの加藤浩次の代打としてMCを務め「涙の卒業から5ヶ月で戻ってきました」と挨拶し、スタジオを笑わせた。

 こうした中、一部で報じられているのが近藤の「レギュラー復帰」だという。彼女の復帰を熱望する加藤の周囲への直談判により、今秋の番組改編期に同番組に出戻りするのではないかというのだ。

 果たして過去に例のないスピード復帰は実現するのか。

「報道されている今秋か、はたまた来春になるか、タイミングは分かりませんが、彼女の『スッキリ復帰』は十分あり得る話だと思います」と語るのはテレビ関係者。続けてもらおう。

「現在は近藤の後釜としてサブMCを森圭介アナが担当していますが、どうにもアッサリしすぎている印象。今春、近藤と水卜麻美アナが同時に降板したことから『物足りなさを感じる』という声がSNS上でも飛び交っているんです。こうした背景から彼女が番組に戻ってくる可能性は大いにありますよ」

 もっとも復帰に水を差す動きも。

「ただ日テレ内では『そろそろお笑い芸人頼みの編成はやめたほうがいい』『あえて近藤を復帰させる必要性を感じない』という『不要論』も根強い。復帰があるとすれば、こうした意見を覆してからでしょう」(前出・テレビ関係者)

 今後の動向を見守りたい。

(山倉卓)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白