スポーツ

槙原寛己、“あの頃申告敬遠があったら…”と動画吐露した「超痛恨サヨナラ打」

「巨人三本柱」で活躍した元プロ野球選手・槙原寛己氏が、自身のYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉で9月13日に投稿したタイトルは〈【大谷翔平も選ぶセットポジション】槙原が始めた理由は○○が面倒だったから!&【近未来野球のルール改正も大予想!】〉。

 同投稿回で槙原氏は、かつては「ワインドアップ」主流だったピッチャーの投球動作だが、MLBで活躍する大谷翔平や、ソフトバンクホークスの千賀晃大など、昨今では「セットポジション」で投げるピッチャーが増えていることを示唆。現在、我々があたり前のように見ている野球の姿が、近未来には変革が起きるのでは…とし、その一例として、「究極は、ピッチャーとバッターの距離が変わる…?」と話した。

 バッターが打ちすぎる、ピッチャーが抑えすぎるといったバランスいかんでは、18.44メートルのマウンドとホームベースの距離が変わる可能性にも言及しているのだ。

 そんな話題の中で、槙原氏がこうも振り返った。

「敬遠が申告敬遠になったでしょ?あれ、もっと早く導入されてたら、オレ、新庄に打たれてないし…」

 1999年6月12日の「巨人─阪神」戦において、槇原氏の敬遠球を新庄剛志氏が踏み込んで打ち、三遊間を破るサヨナラ打となったエピソードを苦笑を交えて回顧。スタッフの笑いを誘ったのだった。

 確かに、槙原氏が言うように、あの当時に「申告敬遠」があれば、槇原氏が落胆することもなかった半面、新庄氏のようにヒーロー扱いを受ける選手もいなかったことになる。どちらが野球ファンや視聴者を魅了するルールなのか、改めて考えさせられる指摘ではあった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
2
アンゴラ村長、“バスト進化”金髪&ダイエット変身が大反響!
3
マッパ演技も昨年解禁!「ファイトソング」で注目された“巨大バスト女優の正体”
4
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
5
「大人の女性」も強調!?松井珠理奈、バス旅での“匂わせ”に視聴者大盛り上がり