スポーツ

槙原寛己、“あの頃申告敬遠があったら…”と動画吐露した「超痛恨サヨナラ打」

「巨人三本柱」で活躍した元プロ野球選手・槙原寛己氏が、自身のYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉で9月13日に投稿したタイトルは〈【大谷翔平も選ぶセットポジション】槙原が始めた理由は○○が面倒だったから!&【近未来野球のルール改正も大予想!】〉。

 同投稿回で槙原氏は、かつては「ワインドアップ」主流だったピッチャーの投球動作だが、MLBで活躍する大谷翔平や、ソフトバンクホークスの千賀晃大など、昨今では「セットポジション」で投げるピッチャーが増えていることを示唆。現在、我々があたり前のように見ている野球の姿が、近未来には変革が起きるのでは…とし、その一例として、「究極は、ピッチャーとバッターの距離が変わる…?」と話した。

 バッターが打ちすぎる、ピッチャーが抑えすぎるといったバランスいかんでは、18.44メートルのマウンドとホームベースの距離が変わる可能性にも言及しているのだ。

 そんな話題の中で、槙原氏がこうも振り返った。

「敬遠が申告敬遠になったでしょ?あれ、もっと早く導入されてたら、オレ、新庄に打たれてないし…」

 1999年6月12日の「巨人─阪神」戦において、槇原氏の敬遠球を新庄剛志氏が踏み込んで打ち、三遊間を破るサヨナラ打となったエピソードを苦笑を交えて回顧。スタッフの笑いを誘ったのだった。

 確かに、槙原氏が言うように、あの当時に「申告敬遠」があれば、槇原氏が落胆することもなかった半面、新庄氏のようにヒーロー扱いを受ける選手もいなかったことになる。どちらが野球ファンや視聴者を魅了するルールなのか、改めて考えさせられる指摘ではあった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
2
てんちむ、“秘部から液体吹き”についても明かした「ハンパない動画」過激度!
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
石川秀美が松本伊代を圧倒!56歳「バストは現役バリバリ」奇跡の膨らみ
5
「関係を持った女性芸能人は…」M-1芸人の衝撃告白に「スゲェ!」驚愕