芸能

おぎやはぎ、ブレイクのきっかけが「M-1」断トツ最下位の“強運”

 お互い褒め合うなど、後からジワジワ笑いが込み上げてくる脱力系漫才がウリの、お笑いコンビ・おぎやはぎ(小木博明・矢作兼)。2005年放送開始のバラエティー番組「ゴッドタン」(テレビ東京系)をはじめ、出演番組数は数多く、不思議な魅力をお茶の間に振りまいている。

 その、おぎやはぎの小木が、アンジャッシュ・児嶋一哉のYouTubeチャンネル「児嶋だよ!」(10月6日付投稿動画)に出演。ある意味人気に火が付くきっかけとなった過去を振り返っている。

 おぎやはぎにとってポイントとなったのは、漫才日本一を決める「M-1グランプリ」の栄えある第1回大会(2001年)。しかしこのとき、優勝をさらったのは中川家だった。他にも、ますだおかだ、フットボールアワー、チュートリアル、さらにはキングコング、麒麟といった実力派コンビも多数出場していた。

 そんな中、おぎやはぎは断トツの最下位に終わり、この年は一般審査員も採用していたものの、大阪では100点満点中9点と、本人たちも苦笑を浮かべるしかない低評価だった。もっとも準決勝は、周囲に1位通過確実と言われていたネタを土壇場になって変更した失敗もあったようで「ナメてたんじゃなくて、分かってなかった、賞レースを…」と小木が回顧。児嶋も「優勝を狙いに行くタイプでもない」と分析した。

 以後、審査方法が改訂された「M-1」だが、“唯一の東京勢に対して「9点」は無いよ…”と世間の同情を買い、注目を浴びることに。おぎやはぎにとっては、まさに結果オーライだったのかもしれない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!