芸能

藤圭子 作家・大下英治が今も忘れない「歌舞伎町で食事した夜」

20140102_0109ii

 早朝、東京都新宿区の路上で発見され、搬送先の病院で死亡が確認される。「圭子の夢は夜ひらく」や「命預けます」などの大ヒットで一世を風靡した藤圭子の死はあまりにも衝撃的だった。そんな彼女の壮絶な人生を、藤の素顔を間近で見た経験も交え、綿密な取材で描いた「悲しき歌姫」(イーストプレス)を、去る10月27日に上梓した作家の大下英治氏が振り返る。

「地獄に真っ赤な花が咲くっていう言葉があるけど、藤圭子の存在はまさにそれだった。修羅、闇の中に咲く一輪の花だった。訃報を知った時、驚きはしたけれど、自殺については、意外ではなかった。最後にマスコミに出た時に、5年で5億円使ったとか、尋常じゃない額のギャンブルをしている話があったでしょう。精神のバランスが取れにくくなっているなっていう感じがした。だから、その果てにみずから命を絶つ、という選択があってもおかしくはない気がする」

 そう話す大下氏によれば、藤は、娘の宇多田ヒカルを売り出す前に、自身の再起を願っていたという。

「1996年頃だった。新宿・歌舞伎町の台湾料理屋で宇多田照實さんと藤圭子と彼女を世に出した石坂まさをさんと、4人で会ったんだ。2時間ぐらいだったな。その時、デモテープを聴かされたけど、私は魅力を感じなかった。私は怨み歌の藤圭子が好きですから、そういうものではなかったから。本人は、演歌から転換したかったんだと思うけど、私は力を感じなかった。中途半端な歌謡曲って感じで。石坂さんも乗らなかった。ヒカルちゃんについては『この子はアメリカで歌の勉強をしているけれど、絶対にデビューするから』と自信満々に自慢していたけど、結局は石坂さんに自分を売り込みに来たんだよ」

 それから1年半後、宇多田ヒカルは鮮烈なデビューを果たした。

「藤は自分で育てたヒカルちゃんがデビューし、成功してうれしかったと思う。でもそのあとは、あれほど愛していた母・澄子さんと喧嘩別れし、夫とも切れ、最後には娘とも離れた。そうするとあと、彼女に何がある? 歌手としては再起できないし、その寂しさを紛らわすために、ギャンブルに走ったのではないかな。孤独の中で追い詰められていって、本当の意味での闇だけが彼女の人生に残された。だからこれ以上、生きていくのが切なかったんだろう。生きていくことに夢がなくなってしまったんだろうね。ヒカルちゃんと早く和解していれば、死ななかったと思う」

 そして、こう結んだ。

「藤圭子を失った悲しみを祈りに変えるような、そんな成長をヒカルちゃんに期待しています」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」