芸能

矢口真里 不倫騒動のモデルと交際継続で今後どうなる?

20140102_0109kk

 13年最大のスキャンダルといえば、矢口真里(30)の不倫スキャンダルだった。自宅にモデルを連れ込み、コトを終えて寝ていたところを夫が発見。直後に離婚し、間男とも別れたかと思いきや、10月に半同棲生活していたことが発覚。はたして、その後の“恋愛レボリューション”はどうなったのか?

 都内にある矢口の自宅マンション。かつては、新婚生活を送り、その後は交際相手のモデル・梅田賢三(25)と半同棲生活を送っていた愛の巣を訪ねると、すっかり“もぬけの殻”になっていた。地元住民が言う。

「ああ、2人は12月頭くらいに引っ越したよ。マスコミにバレて、うるさいからだってさ」

 一時は別れたと見られていた矢口と梅田は、水面下で交際を継続。10月中旬には、自宅近くの焼き肉店とカラオケをはしごし、深夜デートを楽しんでいた姿を「週刊女性」に激写されたことで、引っ越しを余儀なくされたようだ。

 2人の交際は、不倫発覚直後から周囲の猛反対にあっていた。だが、矢口はそんな声に一切、耳を傾けず交際を継続。周辺を取材すると、矢口と梅田は新居で同棲生活を再スタートさせていたのだ。

 矢口家を知る知人が語る。

「いまだに真里の父親は交際に反対しているんだけど、真里は『梅ちゃんと一緒にいたい』の一点張り。本来だったら、実家に戻してもよさそうなもんだけど、間男の梅田を自宅に招き入れたくないもんだから、近所のマンションに住まわせているんだよ。父親はすぐにでも芸能界に復帰してもらいたがっているけど、真里は『2人だけの時間を優先したい』と言って譲らない。やむをえず、父親は『絶対、子供は作るな』という条件を出して、交際を黙認しているけど、同棲生活が芸能界復帰を遅らせている原因でもあるので、頭を抱えています」

 しかも、週刊誌にツーショットを撮られたばかりだというのに、矢口はいまだ近所で深夜デートを楽しんでいるというから、もはや怖いものなしの状況のようだ。

 地元商店の店員が明かす。

「相変わらず、夜な夜な2人で、地元をウロついていますよ。人目もあるから活動時間帯は主に深夜。人気のない居酒屋に現れてはしっぽりと飲んでいるね。2週間ほど前も、夜中3時ぐらいに、真里ちゃんと梅田くんが仲よく歩いているのを目撃したよ」

 そこで、自宅に帰ってきた矢口の父親を直撃。同棲生活について尋ねると、血相を変えて、

「あ、真里のことは会社(事務所)に聞いてください!」

 と語気を荒らげると、あとは沈黙を守ったまま、車庫の中に消えていった。

 だが、芸能界復帰に対する父親の思いは、矢口本人に届くどころか、態度を硬化させるばかり。交際継続報道の直後には、所属事務所スタッフに対し、「別れるつもりはまったくありません」と断言。ますます殻に閉じこもってしまい、矢口の母親が食事を自宅に届けるなど、“籠城同棲生活”は長期化しそうな様相なのだ。

「矢口さんのお父さんは自営で社長をしているんですが、経営状態があまり芳しくないという噂も聞きます。かつてデビューした妹も芸能界を辞めて、今は居酒屋でアルバイトをしているとか。となると、やはり矢口家の大黒柱は真里ちゃんにほかならない。実家は3階建の豪邸ですが、真里ちゃんの稼ぎで建てた家なんだそうですよ。ちまたでは、『モー娘御殿』と呼ばれていて、真里ちゃんの芸能界休業は、矢口家にとっても大問題なんでしょうね」(地元関係者)

 芸能ジャーナリストの佐々木博之氏が語る。

「本来だったら、『矢口復帰!』となれば話題性があり、高額オファーも十分考えられます。ただ、このままだと14年には忘れ去られてしまうのがオチ。サイクルが早い芸能界では、まさに『いつ出るの!? 今でしょ!』なんですよね」

 10代の頃から家族を支えてきた矢口だが、父親の言いつけを守り続けられるのか、次の発表は「復帰」ではなく「妊娠」のほうが可能性が高そうだが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挨拶をガン無視!野性爆弾・くっきーが殺したいほど嫌う芸能人とは?
2
YOSHIKIがToshIと絶縁!?X JAPANに急浮上した空中分解の危機
3
闇に葬られた「放送禁止」作品(7)松山ケンイチ主演ドラマのスポンサー6社中5社が降板
4
中居正広と共演NG?日テレ市來玲奈、「金スマ」完全無視で視聴者から批判殺到!
5
ジャニーズがブチギレた!?明石家さんまと中居正広が絶対共演NGの裏事情