スポーツ

宮本慎也、「野球人生で一番嬉しかったこと」が意外すぎてファンが同情の涙!?

 ヤクルト一筋19年の元プロ野球選手・宮本慎也氏が、元プロ野球選手・大久保博元氏のYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉に出演した。

 宮本氏は、故・野村克也監督のもとで「ID野球」を学び、入団1年目の1995年、さらに97年にも日本一を経験。2004年のアテネ、08年の北京五輪ではキャプテンとして連続出場し、アテネでは銅メダルを獲得した。

 06年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にも日本代表として選抜され、準決勝の韓国戦では代打として結果を見せ、金メダルにも大きく貢献するなど、数々の功績を残し、プロ通算2133安打で名球会入りも果たした「レジェンド」である。

 そんな宮本氏だけに、「野球人生で一番嬉しかったことは?」としては、そのいずれかが口にのぼるものと思いきや、涙ナシには聞けない「真相」があったようで…。同チャンネルの9月21日付け投稿回〈第五話【鉄板】PL学園地獄の高校1年生時代〉で明かされた。

「KKコンビ」の異名を取った清原和博氏や桑田真澄氏など多くのプロ野球選手を生み出したPL学園OBの宮本氏。当時は縦社会、先輩後輩関係も厳しかったようで、こんなふうに当時のことを振り返ったのだ。

「高校2年生になった日が一番嬉しい。あの日がなんとも言えず嬉しかったですね。(中略)WBCで優勝した時よりも嬉しかったです。比にならないですよ、2年生になった日は…」

 また、PL学園で1つ先輩にあたる片岡篤史氏(日本ハム、阪神)は練習後、足元にゴキブリが這っていても払う気力がなかったと語っていたそうで、実に過酷な高校生活だったようだ。

 視聴者からは〈涙ながしながらみました〉と、泣き笑いの顔マークつきのコメントも寄せられた今投稿回。今だから言える宮本氏の話だが、そんな苦難の時代を耐え抜いたからこそ、PL学園は名選手も生みだしたのかと改めて驚かされた。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】