芸能

明石家さんま、今は眠剤使用で5時間…「24時間眠らない男」になったワケ

 明石家さんまが10月12日に放送された「踊る!さんま御殿!!秋の超豊作SP」(日本テレビ系)で語った自身の“睡眠事情”が話題となった。

 番組では“気になって仕方がないこと”のトークテーマで、女優の奈緒が“3分間で眠れるYouTube動画”が、実際に観始めると2時間近くあり、逆に気になって眠れなくなるというエピソードを披露。結局、「まあいっか」と半ば諦めるのが眠りにつけるコツと明かすと、さんまは「私は“まあいっか”がないんだ…」と呟いた。

 そこで出演していたヒロミに「いつも何時間くらい寝るんですか?」と聞かれると、さんまは「今は5時間くらい」とし、「眠剤飲んでいるから。55歳からそうしている」「それまでは寝た記憶があんまりない」と打ち明けた。

「最後には『寝られる人が羨ましい』とまで語っていましたが、さんまはかねてより“24時間眠らない男”として有名。実際、以前は1日に3時間ぐらい睡眠をとると2日間眠れない時もあるという超ショートスリーパーだったことも明かしており、今回語っていたように、周囲からの強い勧めで10年ほど前から無理矢理5時間は睡眠をとるようにしているとか。ただ、その就寝時間については朝の6~7時に寝て昼に起きる逆転生活の時もあると語っていますね」(芸能ライター)

 いったいいつから、そうした眠らない習慣が身に付いたのか。

「どうやら師匠(2代目笑福亭松之助)による教えが大きいようです。かつてさんまのインタビュー記事を読んだおぎやはぎの矢作も説明していましたが、その師匠に“楽屋で寝ている芸人は大成しない”“寝ているヒマがあったら外でネタを探せ”と言われていたのだとか。ただ、それを無理やり睡眠をとるようにし始めた55歳まで守っていたのだとしたら、それはそれで驚きです」(エンタメ誌ライター)

 66歳なだけに、体調には気を付けていただきたいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」