芸能

沢口靖子、「科捜研」“終了”報道に「高橋英樹の十津川警部」ファンも戦々恐々!

 多くの名作を生み出してきたテレビ朝日ミステリードラマの系譜が途絶えてしまうかもしれない。ドラマ「科捜研の女」(テレビ朝日系)に打ち切りの可能性があることを、10月7日発売の「週刊文春」が報じた。

 報道によると、「科捜研の女」は高視聴率をキープしているものの、放送されているドラマ枠「木曜ミステリー」の視聴者が高齢化して広告的価値の高い若者から現役世代の視聴率が低いため、枠ごと終了することをテレ朝は検討しているのだという。

 テレ朝側は文春の取材に対して今後の編成については「決まっておりません」としているが「木曜ミステリーは、科捜研の女のほかにも「捜査一課長」や「遺留捜査」など人気シリーズを抱えているため、もし終了となれば、ドラマファンの悲鳴が聞こえてきそうだ。

 そしてそんな“嘆き”はさらに続いていくかもしれない。「科捜研の女」“打ち切り”報道を受けて、同枠以外のテレ朝ドラマも終了するのではないかと心配する声が上がっているのだ。

「テレ朝は77年に始まった2時間ドラマ枠『土曜ワイド劇場』のレギュラー放送を16年に終了しています。土ワイで放送されていたドラマは日曜日の午前10時から放送の『日曜ワイド』に移りましたが、その日曜ワイドもわずか1年で終了。以降、土ワイのドラマは『日曜プライム』など単発特別番組枠で放送されています。そんな過去があるだけに、ドラマファンは心配しているんです」(週刊誌記者)

 最も心配されているのが高橋英樹主演の「西村京太郎トラベルミステリー十津川警部」だ。同作は三橋達也と愛川欽也のコンビで81年にスタートし、00年の第34作で三橋から高橋にバトンタッチ。12年の第58作から愛川に代わって高田純次が亀井刑事を演じている。昨年7月に放送された回で72作品を数えた。その歴史が終わってしまうかもしれない。

「昨年、1月と7月に2回も放送された十津川警部ですが、今年は1回も放送されていません。新型コロナの影響ということであれば、収束後に期待できますが、このままフェードアウトしてしまうのではないかと考えてしまいます。なんとしても高橋英樹の十津川警部、高田純次の亀さんをもっと見たいというのがファンの本音でしょう」(前出・週刊誌記者)

 ファンの願いにテレ朝はどう応えるのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
2
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
3
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
4
緊急通報!森昌子の「薬物中毒」入院大騒動で始まった「離婚劇」の場外乱闘/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス