芸能

ヒコロヒー「ほんとに芸能界は無責任な世界」

●ゲスト:ヒコロヒー(ひころひー) 1989年、愛媛県生まれ。大学の落語研究会に所属していた際にスカウトされ、松竹芸能大阪養成所入り。同所卒業後の2011年、松竹芸能に所属する。上京し、14年より東京で活動。現在は「キョコロヒー」(テレビ朝日系)、「ゴールデンラジオ」(文化放送)などにレギュラー出演中。初のエッセイ集「きれはし」(Pヴァイン)が発売中。単独ライブの模様を収めた初のDVD「best bout of hiccorohee」(SMM itaku)も発売。

「ちょうどいいやさぐれ感」で人気急上昇中の女性芸人ヒコロヒー。テレビやラジオ番組のみならず、YouTube、コラム連載、単独ライブと大忙しの毎日だ。初対面ながら、その堂々としたしゃべりっぷりと肝の据わり具合に天才テリーも思わず脱帽。初出しトーク満載だ。

テリー ヒコロヒーって、どういう意味なんですか。本名がヒロコさん?

ヒコロヒー いや、特に意味はないです。ちっちゃい時から「ロ」とか「コ」とか、90度の角度の付いた文字が好きで。ロココとかコロコロとか何でもよかったんですけど、松竹芸能に入って、最初にライブに出る時に何か芸名を付けようと思って。たまたまヒコロヒーになりました。

テリー そうか。じゃあ「ノ」なんて大嫌いなんだ。

ヒコロヒー そうですね。「ヌ」とか「マ」も好きじゃないです。

テリー プロフィールを見ると、大学時代は落語研究会にいて。

ヒコロヒー これもたまたまで、大学を歩いてたら、すごい男前に勧誘されたんですよ。それでついていったら落研やったんです。

テリー でも、大学のイベントで落語をやったら松竹芸能にスカウトされたんでしょう。すごいじゃん。

ヒコロヒー いや、でも、やっぱり花の女子大生でしたから。

テリー いや、松竹芸能だってプロなんだから、女子大生って理由だけでスカウトなんかしないよ。落語は古典をやってたの?

ヒコロヒー そうです。

テリー じゃあ「枕」がおもしろかったのかな。

ヒコロヒー いやぁ、その時、何をしたかもちょっと覚えてないぐらいなんですけど。でも、やっぱりモデルさんとか女優さんでスカウトされたら、当時の私もうれしかったと思うんですけど、女芸人ですから。花の女子大生としては「ふーん」みたいな感じではありました。

テリー 微妙だった?

ヒコロヒー はい。だから名刺をいただいて、連絡したのも、就活が始まるタイミングで、松竹芸能に就職できるかもしれないと思ったからなんですよ。まさか自分が女芸人になるなんて思わなかったです。

テリー でもさ、吉本興業にしろ松竹芸能にしろ、今たくさんの芸人がいるじゃないですか。その中でこうやってブレイクしてくるのって、やっぱり才能がないと。

ヒコロヒー いや、もう私の場合は、ほんと幸運だけやったと思います。

テリー 謙虚なんだなぁ。でも、テレビだって何もない人を呼んだりしないよ。

ヒコロヒー でも、ほんとに言ったら、丸っと10年間まったく食べれてなかったんですよ。

テリー 10年間っていうのは大学を卒業してからいつまでのこと?

ヒコロヒー 今年32歳なので、ほんと、つい最近です。

テリー あ、そうなんだ。だって2年ぐらい前からもう人気あったよね。

ヒコロヒー いや、1年前ぐらいでも、ほんとにずっとお金が全然なくて。でも、私としてはネタもスタイルもずっと変わってないんですよ。で、今まではずっと「そんなんじゃダメだよ、テレビ出れないよ」って言われてきたのに、ここにきて急に「それがいいんだよ」みたいに言われるようになって。ほんと無責任な世界ねと思ってます。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」