芸能

日向坂46齊藤京子、「有吉弘行にハマれなかった」猛省もファンの絶賛ポイント

 日向坂46の齊藤京子が去る10月2日放送のバラエティ番組「キョコロヒーSP」(テレビ朝日系)に出演。番組で共演した有吉弘行にハマれなかったことを猛烈に悔しがった。

 番組スタッフから「最近、テレビ番組で『こうしとけばよかったな』ってことありました?」と聞かれた齊藤は、「あの『有吉反省会』に初めて出演させて頂くってなって…」と、有吉がMCを務めていたバラエティ番組「有吉反省会」(TBS系)に初めて出演した際の出来事を回顧。

 齊藤は、「ここで有吉さんにハマれば、また有吉さんの番組に呼んでいただけたりするのかなみたいに思っていたんですよ。でも、全然(有吉さんに)ハマらなくて、たぶん私のことなんて覚えてないぐらい。何にもおもしろいこと言えなくて…」と、有吉に気に入られようと気合いを入れるも、番組収録では爪痕を残すことができなかったと説明。

 そのうえで、「私って、声けっこう特徴あるじゃないですか。だからもっと低い声を出していったり、高いツインテールとかして、そういう声とか出したらもっと印象に残ったかなって思って」と、自身の特徴でもある低音ボイスをより誇張して挑むべきだったと悔しがっていた。

 有吉に「ハマれなかったこと」を猛省する齊藤。だが、日向坂のファンは「いやいや、普通のアイドルの子の発想じゃないだろ(笑)」「女芸人でも目指してるのかい」「きょんこもそうだけど、日向坂の子は笑いに貪欲過ぎるよな」「それだけ悔しがってるわけだし、次回はきっとリベンジできるよ」など、その齊藤のお笑いへの貪欲さを評価する声が目立っている。

「お姉さんグループの乃木坂46は清楚系イメージを強みにしていますが、日向坂にいたっては冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)で、大喜利企画をやらされたりと、坂道グループの中でお笑い色が最も強いです。実際、メンバーの富田鈴花は19年12月に放送された『日向坂で─』で、番組MCのオードリー・春日俊彰が、なかなか自分にコメントを振ってくれなかったことに納得がいかず泣き出してしまうことがあり、もう一人のMCの若林正恭は『どんだけあいつはOAに乗りたいんだろうな。初めて見た。振りが少なくて泣いてる人』と、その貪欲さに驚いていましたね。他にもグループのエース的存在で齊藤の同期でもある加藤史帆は5月放送のバラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)で思うように笑いが取れずに泣いていたこともありましたね。ただ、1つ齊藤に助言するとすれば、変にキャラを作っている時点で有吉はひどく嫌うでしょうから、あくまでありのままをキープしつつ、トークスキルを向上させるなりして勝負するのがベストでしょう」(アイドル誌ライター)

 それにしても、乃木坂の場合、アイドル卒業後は女優業をメインにするOGが多いものの、未だ卒業者こそ少ないが日向坂の場合はバラエティータレントを多く輩出することになるかも?

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CMで見せた“まん丸お椀型Eバスト”躍動に垣間見える「覚悟」
2
小泉今日子「略奪愛&政治色」を払拭する「桃色ステージ」(1)復活に水を差す不貞の代償
3
元巨人スコアラーが明かした松井秀喜の「不器用」と高橋由伸「無冠」の理由
4
宇垣美里がガチで狙われていた?ピスタチオ小澤、嫁との交際を拒んだ仰天理由
5
人気局アナ「No.1アイドル争奪」下剋上バトル勃発(2)日テレ・市來玲奈と岩田絵里奈に不仲説?