エンタメ

顔出しNGコス女性、上下脱ぎたて肌着紹介動画に「凄い時代になった」の声

「キャッツ・アイ」と言えば、泪、瞳、愛の美人3姉妹が謎の女盗賊団として登場する、北条司氏原作の人気漫画。レオタードの艶やかな姿も話題を呼び、1983年にはテレビアニメ化、88年にはテレビドラマ化、そして97年には内田有紀、稲森いずみ、藤原紀香が出演した実写映画化もされている。

 そんな「キャッツ・アイ」のレオタード姿に変身のコスプレ動画を投稿すると〈僕の心がゆらキャッツアイに盗まれましたわぁー〉といった視聴者のコメントを呼び寄せる人がいた。その「ゆら」とは、アングルが豊かなバスト中心で、顔出しNG艶系女性ユーチューバーの1人である。

 YouTubeチャンネル〈コスプレ部ゆら〉の、10月4日投稿回を観ると、白いTシャツ、短パン姿で登場のゆらが、そのTシャツと短パンを早々に脱ぎ捨て、上下ともに白い肌着姿を披露。Fカップとされる豊かな胸の渓谷もおみごとで、顔が出ていないためか、肌見せ度も大胆な艶サービスっぷりだ。

 そこから、青いレオタードに着替え始めるのだが、問題は、着替えを終えたその後。左肩、右肩と交互に肩の肌を見せるようにレオタードを脱ぐ形で胸用肌着の肩ひもを外し、時折、バストトップが映ってしまったようで、モザイク処理はされるものの、器用に取り外した肌着のオシャレさを、肌着をカメラに近づけ、アピールするのだ。その時、必然的に胸の渓谷もドアップになるという仕掛け。さらには、さすがに下半身用肌着は、脱ぐところは、編集でカットされたものの、これも、脱ぎたてのそれをカメラ前に堂々かざして紹介するといった内容だった。

 ところで、同チャンネルで最も視聴回数を稼いだのは、ウエストとスラリと伸びた美脚見せ、レースクイーンのコスプレに挑戦した、去る5月30日投稿回。こちらでは、上下ともに黒い肌着も披露しており、193万回超(10月19日現在)を記録。視聴者からは〈凄い時代なったものだ…〉といった実感こもるコメントが相次いだ。

「凄い時代」をさらにエスカレートさせるのか、ゆらの今後の動画パフォーマンスにさらに注目が集まりそうだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
4
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
5
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション