スポーツ

元巨人・川相昌弘が明かした長嶋監督「完敗でも全力プレー思考」が今こそ深い!

 10月14日、東京ドームで行われた対阪神タイガース戦において、「0-3」で1安打完封負けを喫した巨人。この時点までの10戦中、8敗2分けで、球団28年ぶりの9試合連続2得点以下といった不名誉な記録まで残し、開幕直後の4月以来、勝率は5割となった。貯金「0」点にインタビュアーから指摘された原監督は、「あぁそうですか。そういうことはね、どうぞどうぞ、僕らは、もう、そういうことはね。どうぞどうぞ…」と意味不明なコメントの原辰徳監督。「『どうぞどうぞ』って誰に向って言ってるんだ」「ファンあってのプロ野球じゃないのか…」など、憤りの声がネット上で散見されたものだ。

 その同じ日に、元プロ野球選手、川相昌弘氏が、YouTubeチャンネル〈野球いっかん!〉に出演(10月14日付)。いろいろな監督のもとで活躍した川相氏だが、1993年から巨人に就任した長嶋茂雄監督と、他の監督との一番の違いを問われ、こう振り返っている。

「(長嶋氏は)一番、ファンの目線を意識されてる方…」と川相氏。1シーズンの中で、大量失点を許し完敗するゲームも中にはあるが、「今日しか(球場に)来れないファンの人もいるんだ。だから、たとえ試合が負けていても最後の最後まで諦めない。(中略)全力プレー、そして1本のヒット、1つのプレーを見せてあげて、ジャイアンツは負けたけど、だれだれの良いプレーが観れたと言って帰ってもらうようにしなきゃいけないんだっていう…それは長嶋さん(から)ね、ボク、何回も聞いたことがあります」

 くしくも、10月18日時点で10連敗中の原監督と巨人ナインには、長嶋監督が大事にしていた「ファン目線思考」を胸に最後の踏ん張りを見せていただきたい。そんなことを考えさせられる“深い”投稿だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
2
アンゴラ村長、“バスト進化”金髪&ダイエット変身が大反響!
3
マッパ演技も昨年解禁!「ファイトソング」で注目された“巨大バスト女優の正体”
4
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
5
「大人の女性」も強調!?松井珠理奈、バス旅での“匂わせ”に視聴者大盛り上がり