芸能

美女アナ「色香向上作戦」がヒートアップ(3)テレ東・森香澄のバストサイズ巨大化が止まらない

 美脚よりもバスト、とばかりにテレビ東京の森香澄アナ(26)の存在感が増している。ライバルの民放局関係者が、興奮気味に語る。

「最近、森アナを『ウイニング競馬』で『見るたびにバストが大きくなっていないか‥‥』と業界内は騒然となっているんですよ」

 確かに10月2日のテレ東公式YouTubeチャンネルで配信された競馬番組は圧巻だった。ボディラインが丸わかりのピチピチニット姿で登場したおかげで、もう馬など目に入らないほど。そして8日後に森アナは自身のインスタグラムで、椅子に座り両腕を頭の後ろに組んだ「バスト突き出し画像」を公開する。さらに、ミニスカで激しく踊る「バスト激揺れ動画」を同26日にアップするなど、以前にも増して豊満ボディをより強調しているのだ。

「これまで推定Fカップとされてきましたが、あの揺れ具合はGカップ以上あります。確実に肥大化しています」(民放局関係者)

 オッパイで「GIを制した」感もある森アナだが、やっかみは付きもののようで‥‥。

「スタッフの間では『いきなり大きくなりすぎている』と不審の声もある。先輩にあたる鷲見にも指摘されていた『盛り乳疑惑』がささやかれているんです」(テレ東関係者)

 そんな嫉妬にもめげず、今後も「お色気向上」に努めてもらいたい。

 一方で、露出に踏み切って磨けばいいものを、出し渋る女子アナもいる。TBSの田村真子アナ(25)だ。

「TBS内で田村アナの『美指』が話題になっています。情報番組『ラヴィット』で足つぼマッサージを体験した際に、ナマ足を披露したのですが、足の指まで超一級品であることが判明。それを見た別番組のスタッフが思いついたのが、田村アナの『ナマ足露出企画』。もっとも、打診された田村アナは『恥ずかしいから絶対にやりたくない』と、拒絶しているそうです」(構成作家)

 対して、フジテレビの竹俣紅アナ(23)は一風変わった「ボディ磨き」に精出していた。同局関係者もアッケに取られているようで、

「『食べ物は辛いほどおいしい』と断言するほどの激辛好き。実際、ダラダラと汗を流しながら激辛ラーメン店で食事する姿を同僚に目撃されているのですが、本人は『発汗による新陳代謝アップのため』と言い張り、『カレーのココイチで最大の10辛を完食している』と、完全に味覚がブッ飛んでいます」

 それぞれの自慢のパーツでエロスを増す美女アナたち。今秋は豊作で、ありがたい限りだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
3
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴