芸能

「腹上死システム」ってなんだ!? 辛坊治郎の生ラジオで女子アナが痛恨のミス

 プロのアナウンサーといえども言い間違えや原稿の誤読はつきもの。かんでしまうのは致し方ないが、11月4日放送の「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」(ニッポン放送)で、耳慣れない“パワーワード”が飛び出した。

 パーソナリティ・辛坊治郎の辛口コメントが評判の人気ラジオ番組。話題のニュースを取り上げる「ズーム・オン」のコーナーで、紹介したのは自動車メーカー・マツダが導入を発表した「副操縦士システム」。アシスタントを務めるニッポン放送アナウンサーの増山さやかはコーナー冒頭で、このニュースを次のようにアナウンスしたのだ。

「辛坊さんが独自の視点でニュースを解説するズーム・オン。この時間に特集するのはこちらです。マツダがふくじょうし…ふくそうじゅうしシステムを導入」

 ここで「ふふっ」と笑い声とも取れる“雑音”が確認されたが、番組はこのまま進む。飯田浩司アナウンサーがその後、フォローするように、「マツダが今日までにドライバーの体調悪化や居眠りなどの異常を検知すると、自動で車を路肩などに停止させる副操縦士システム。コ─パイロットを来年に発売する新モデルから導入することがわかりました」と紹介したのだが…。

 人気ラジオ番組だけに、熱心なリスナーの耳には「ふくじょうしシステム」のワードが強く焼き付いたようで、SNS上でも《今さっき腹上死って言わなかった?》《腹上死システムはヤバいな》といった書き込みが…。

「増山アナが腹上死システムと誤読した直後、辛坊治郎さんの様子がおかしかったのか、飯田アナが『どうしました?』と聞いたのですが『え?』と返しただけで、あとはスルー。辛坊さんのことだから、絶対にツッコミを入れると思ったのに、『業者は頑張ってるよね。業界は…技術開発ご苦労様です』と言うだけで、完全に流していました」(ネットライター)

 増山さやかといえば55歳とは思えない見た目の若さが特徴の人気アナ。「腹上死システム」と痛恨のミスをおかした後も、いつも通りの和やかな雰囲気で番組を進行した。辛坊治郎があえてイジらなかったのも、信頼しているパートナーを傷つけたくなかったからだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題