芸能

「腹上死システム」ってなんだ!? 辛坊治郎の生ラジオで女子アナが痛恨のミス

 プロのアナウンサーといえども言い間違えや原稿の誤読はつきもの。かんでしまうのは致し方ないが、11月4日放送の「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」(ニッポン放送)で、耳慣れない“パワーワード”が飛び出した。

 パーソナリティ・辛坊治郎の辛口コメントが評判の人気ラジオ番組。話題のニュースを取り上げる「ズーム・オン」のコーナーで、紹介したのは自動車メーカー・マツダが導入を発表した「副操縦士システム」。アシスタントを務めるニッポン放送アナウンサーの増山さやかはコーナー冒頭で、このニュースを次のようにアナウンスしたのだ。

「辛坊さんが独自の視点でニュースを解説するズーム・オン。この時間に特集するのはこちらです。マツダがふくじょうし…ふくそうじゅうしシステムを導入」

 ここで「ふふっ」と笑い声とも取れる“雑音”が確認されたが、番組はこのまま進む。飯田浩司アナウンサーがその後、フォローするように、「マツダが今日までにドライバーの体調悪化や居眠りなどの異常を検知すると、自動で車を路肩などに停止させる副操縦士システム。コ─パイロットを来年に発売する新モデルから導入することがわかりました」と紹介したのだが…。

 人気ラジオ番組だけに、熱心なリスナーの耳には「ふくじょうしシステム」のワードが強く焼き付いたようで、SNS上でも《今さっき腹上死って言わなかった?》《腹上死システムはヤバいな》といった書き込みが…。

「増山アナが腹上死システムと誤読した直後、辛坊治郎さんの様子がおかしかったのか、飯田アナが『どうしました?』と聞いたのですが『え?』と返しただけで、あとはスルー。辛坊さんのことだから、絶対にツッコミを入れると思ったのに、『業者は頑張ってるよね。業界は…技術開発ご苦労様です』と言うだけで、完全に流していました」(ネットライター)

 増山さやかといえば55歳とは思えない見た目の若さが特徴の人気アナ。「腹上死システム」と痛恨のミスをおかした後も、いつも通りの和やかな雰囲気で番組を進行した。辛坊治郎があえてイジらなかったのも、信頼しているパートナーを傷つけたくなかったからだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」