芸能

オズワルドも空気階段も同期芸人とは微妙?「格差」が生む“ギクシャク関係”

 関西で活躍する若手お笑いコンビ「祇園」「ロングコートダディ」「侍スライス」の3組が、11月11日放送のバラエティー番組「やすとものいたって真剣です」(朝日放送テレビ)に出演。“芸人の上下関”係の悩みについて語った。

 3組の芸歴は、祇園13年、ロングコートダディ12年、侍スライス10年。侍スライスは東京から大阪に移籍してきた異色コンビだ。

 祇園の木崎太郎は、先輩に食事をおごってもらったあとのお礼の方法が難しいと語り、「僕は後日、お会いしたときにお礼を言うタイプなんですけど、人によっては家に帰ってから LINEでお礼を言ったほうがいいと言われたりもする。どっちかに統一してほしい」とコメント。

 MCの「海原やすよともこ」のやすよは「わかるな」と同意し、ともこも「電話の先輩、 メールの先輩、そんなのいらない先輩…。なんやねん?」と笑わせた。

 ロングコートダディの兎は「たまたま会った後輩にもおごるべきか」と話すと、ともこは 「自分よりお金を持ってる後輩でも出さないといけない。あれ、どう?」と疑問を呈しつつ、「ここ何年かやな、(同期の)中川家が出してくれるようになった」と告白。若手芸人たちから「同期は割り勘ちゃいます?」とツッコまれた。

 また、侍スライスの加藤勇二は同期との関係性について聞かれると、「東京の同期でM-1ファイナリスト(昨年)になったのはオズワルドが初めてで、そのときはもう単純ムカつきましたね。悔しいという思いがあって。目を合わせるのも嫌になるとか。一応会ったら話しますけど」と語り、相方の門田充史も「『キングオブコント』で空気階段がファイナリストになったとき、すごい頑張れって毎年思ってたんですけど、(今年)優勝してからはちょっとムカつきましたね。 そこまで行くなと」と本音を漏らした。

 上下関係が厳しいとされる芸人の世界だが、いろいろと難しいようだ。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?