芸能

【有名人の空港トラブル③】空気階段・鈴木もぐらがフィリピンの警察官に「ヘイ、カムカム」/坂下ブーランの地獄耳芸能

 空気階段の鈴木もぐらはフィリピンの空港で、スリリングな経験をしている。税関の長い長い列に並んでいた時に、警察官がやって来たという。もぐらが回想する。

「税関がフィリピンの人はこっち、海外の人はこっち、みたいなのに分かれててさ。で、海外のパスポートの方に並ぶじゃない。ホテルの送迎の人が『鈴木翔太』って看板を持って待ってるから、って約束をしてて。『いや、これ間に合うかな』っていうぐらいの長い列だったわけよ。で、もう30分ぐらい並んでた時に、いきなり警官みたいなヤツが俺んとこ来て『ヘイ、プリーズ、カムカム』『えっ? ミー?』みたいな」

 もぐらはたどたどしい英語で「ノーノー、アイムジャパニーズ、フォーリンカントリーライン」と説明したが、

「『ダメだ、お前』みたいな。で、連れていかれて。そしたら『お前、こっちだ。ユー、ディスライン』って別の列に並ばされた。何の列かと思ったら看板があって。ケガ人のマークが描いてある」

 警官は股関節の調子が悪いもぐらの歩き方を見て、優先ラインを案内しただけだったのだ。

「『お前、ケガ人だろ』ってことで。妊婦さんのマークと、松葉杖ついたケガ人のマーク並んでて、ちょっとショートカットできて(笑)」

 もぐらの単なる早とちりだった。

(坂下ブーラン)

1969年生まれのテレビディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティー番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティーの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYouTube動画を制作、視聴回数の爆発を目指して奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」