芸能

永野芽郁「ダサコーデ風評」をはねのける大逆転秘策とは?

〈友達がこのコーデで来たら、正直ダサいと思う〉

〈これからパート行くんかな?〉

 ヤフーのコメント欄が「ダサい」連呼の祭りと化したのは、11月20日に「NEWSポストセブン」が配信した〈永野芽郁、素人は真似できない「薄いデニム」の穿きこなし〉というタイトルの記事をめぐってのことだった。

「10月下旬に都内のアパレル店から出てくる永野芽郁(22)のプライベートを激写したもので、永野のデニム姿もアップされていました。記事内では匿名のスタイリストが『薄いブルーのデニムは野暮ったく見えることもあり、穿きこなすのが難しいアイテムなんですが、トータルで洗練された着こなしです』とお墨付きのコメントをしたのですが、読者の間でオシャレ論議が巻き起こったのです」(芸能記者)

 そのコーディネートは、首元までボタンを留めた黄色の襟付きニットに細いデニムというシンプルなもの。下町のオバちゃん風ファッションをイジる声が多かったが、知らぬ間にプライベートを撮られて「ダサい」のレッテルを貼られてしまうのは、ちょっと気の毒なようにも‥‥。

 とはいえ、永野は10年にファッション誌「ニコ☆プチ」でモデルデビューすると、13年から「nicola」(いずれも新潮社)で、女子小中学生憧れのニコラモデルを務めたオシャレ芸能人。現在も高級ブランド「プラダ」の広告キャラクターだけに、私服センスとのギャップにファンが驚いてしまったのも無理からぬところだ。

 しかし、転んでもタダでは起きないとはこのこと。「ダサ風評」をはねのける大逆転秘策がありそうだ。

「実は新垣結衣(33)も脚光を浴び始めた若手時代に、ダボダボのジーパンにTシャツというヤンキーファッションをマスコミに撮られ、私服があまりにもダサいと話題になりました。しかし、芸能人ぶらない出で立ちが親近感が持てると、好感度がアップ。ドラマで高視聴率を連発し、トップ女優に上り詰めたのです。今回、永野も私服がダサいと揶揄される一方、ネット上では徐々に〈派手さのない感じに好感〉など“ガッキー現象”が起きて、擁護するファンが急増。新垣流を継承するダサキャラを逆手に取って、人気女優として飛躍のきっかけになるかもしれません」(前出・芸能記者)

 メイ惑な話が一転、怪我の功名となるか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」