芸能

米倉涼子「ドクターX」、再びワースト更新!田中圭に胸ツンなど小ネタ多すぎ!?

 米倉涼子主演の連ドラ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)のシリーズ7の第7話が11月25 日に放送された。視聴率は14.9%(世帯視聴率)で、第4話で出してしまった過去ワーストの15.2%よりさらに下がり、シリーズ史上最低の記録を更新した。

 今回は、第1シリーズ及び5シリーズに出演したこともあり、今や主役として引っ張りだこの俳優・田中圭がゲスト出演したのだが、制作側の思惑とは裏腹に、思うように数字は伸びなかった形だ。

 芸能ライターが言う。

「田中扮する、通称“ポンコツ外科医”だった森本光が、野村萬斎扮する東帝大学・メディカルソリューション本部長の蜂須賀隆太郎に、若手医師のカリスマ的存在である“医療系インフルエンサー”Dr.森本として招かれたという設定でした。シリーズ7が始まった当初から、視聴者からはネット上で、《田中圭くん、また出てくれないかな~》といった声も見られましたし、放送前には、《ついに今夜 ♯森本先生 に会える~》という反響もあったりとなど、話題性は十分だったはずでした」

 ただし、中園ミホ氏を含む何名かの脚本家が交代で執筆しているのが影響しているのか、視聴者からの〈面白い時とそうでない回の差が激しい〉の声にあるように、ドラマの本筋や展開自体が雑になっているのではないかともこの芸能ライターは指摘する。続けてもらおう。

「《医療をバカにしてる気がする》の意見もありましたが、7話は特に顕著だったように思います。徳重聡扮する環境大臣・榎本宗七の手術と見せかけて根岸芽衣扮する定食屋の店主・七宮安江を外科手術し、その様子をネットで生配信する、という暴挙には《現実なら病院訴えられるし》なんて声もありました」

 同時に“小ネタや遊び心”が過ぎるのではないかとも。

「徳重が演じた榎本大臣には、《小泉前環境相をネタにブチこむ ドクターXのこういうところ大好きよ》、定食屋で流れる曲が、ジャニーズファン向けのサービスだと解釈して、《ドクターXで“初心LOVE”流れてるぅ!感動》と、いった好意的な声もあります。また、患者の病状を話し合う中で、米倉のマネをして、勝村がアドリブのように田中の胸の先あたりを突くシーンには、《カメラに映らないように後ろ向きながら笑っちゃってる圭くんガッツリ映り込んでるwwwwww》なんて興奮したような書き込みがありましたね。こういうのが好きな人は好きかもしれませんが、“小ネタをたくさん入れておけばOK”な感じについていけない人も多いのかもしれません」(前出・芸能ライター)

 ラストでは、大門(米倉)と蜂須賀(野村)が2人きりでディナーを食べ、帰ろうとする大門が転げそうになるのを蜂須賀が抱き留め見つめ合う、という“恋愛フラグ”らしき伏線があったのだが、これもまた次回では何ごともなかったように、“小ネタ”として処理されるのか、それとも…。いろいろと気になる点もあるが、終盤に向けての巻き返しを期待したいところだ。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
2
「200勝到達」ダルビッシュ有に恐れおののいた落合博満の「あの日本シリーズ」秘話
3
天国の沙也加が引き寄せた!激ヤセから復活の神田正輝を支えたのは松田聖子の「筑前煮」だった
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン