芸能

前回は大荒れ!吉岡里帆、「レコ大」司会で“NiziU登場シーン”が注目のワケ

 12月30日に放送される「第63回輝く!日本レコード大賞」(TBS系)の会見が7日、東京・赤坂の同局で行われ、 司会は10年連続で同局の安住紳一郎アナ、そして、2年連続で女優・吉岡里帆が務めることが発表された。

 今回のレコ大は新国立劇場で無観客で開催され、約4時間半にわたり生放送される。安住アナは「アーティストの皆さま方の熱を冷まさないように、何としても放送でお伝えできたらというふうに考えています」、吉岡は「今年もアーティストの方々の間近で感じる熱気を、幅広い世代の方に伝えたいという思いでいっぱいです!」と、それぞれ意気込みを明かした。

 また、安住アナは吉岡について、「昨年に引き続きご一緒させていただく吉岡さんのステージ衣装にもご注目ください」とコメントしていたが、吉岡のレコ大司会といえば、昨年の初司会ぶりが話題になった。

「昨年、特別賞を受賞したNiziUが『Make you happy』を披露した際、吉岡が“縄跳びダンス”を踊っている様子をカメラが抜いたんです。ネット上では、吉岡の可愛さを称賛する声が多かった一方、吉岡が映し出されたタイミングが、体調不良から復帰したミイヒが メインのパートだったため、“主役を押しのけるな”とNiziUファンから怒りの声が集まったのです。今回も、お決まりのように歌に合わせてノリノリの吉岡の様子が差し込まれるでしょうが、やり過ぎると再びブーイングが出るでしょうね」(芸能ライター)

 今年も優秀作品賞を受賞しているNiziU。当日、NiziUの歌唱シーンで吉岡がまた踊り、カメラが抜くのか注目したいところだ。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、「割れ目クッキリ美ヒップ」奇跡の突き出しポーズで視聴者を魅了!
2
田中理恵が“極小サイズ”足ショット公開!バストと絡めた「疑問の声」も
3
ひろゆきも「5つ星」認定!トリンドル玲奈の「美胸写真集」に称賛の声
4
トリンドル玲奈、大胆バスト披露は改心の証?「やる気ない」評価からの激変理由
5
田中理恵、地団駄踏んでバストがブルンブルン!ゴルフ練習動画が艶すぎるッ