芸能

綾瀬はるかがTBSの序列No.1に! 大物女優を巡る各局「囲い込みバトル」全貌

 テレビ局にとって毎クール負けられない戦いが、ドラマの視聴率合戦である。ヒット作が出ればお祭り騒ぎ、シリーズ化されたらしばらく安泰。一方、どんなに内容がおもしろくても数字が悪ければ戦犯モノ。そうなると、是が非でも囲い込みたいのは「高視聴率女優」の存在だろう。

 ドラマに強いと言われるTBSが新春の1月2日に満を持して放送するのは、18年にヒットした綾瀬はるか主演の連ドラ「義母と娘のブルース」のスペシャル版だ。

「年末年始は各局が特番をぶつけてくる中、TBSにとって勝負どころで絶対に起用したい女優の序列ナンバーワンが綾瀬。2年前の正月にも『ぎぼむす』の新作を放送し、平均視聴率は16.0%を獲得。幸先の良いスタートを切っています」(芸能記者)

 数字が期待できるのはもちろんだが、TBSが綾瀬に託したのは、それだけが理由ではなかった。

「日本テレビで07年に放送された『ホタルノヒカリ』が出世作となり、恩義がある綾瀬は日テレとの関係も深い。そのため、TBSは新春ドラマに起用し、『局の女優』であることをアピール。綾瀬も『天国と地獄~サイコな2人~』(21年/TBS系)で男女が入れ替わる役を演じたことで演技の奥深さを知り、『何でもやります!』と仕事モードに突入。フジテレビが14年ぶりに連ドラを任せたいと“横やり”を入れてきているのもあり、気持ちが冷めないうちにTBSは綾瀬が興味を引くような設定の脚本を次々と用意しているそうです」(前出・芸能記者)

 人気女優の囲い込みに成功し、ほくそ笑むTBSが次に狙うのは、5月に結婚した新垣結衣だった─。

 さらに長澤まさみ、深田恭子、高畑充希、広瀬すずら人気女優を巡る民放各局の札束が乱れ飛ぶ「囲い込み」バトルの気になる全容は、12月14日発売の「週刊アサヒ芸能」12月23日号で特集している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
健気!藤田ニコル、衝撃水着ブリッジに「“正面ショット”もお願いします」の声
3
藤田ニコル、インスタに水着姿公開もまさかの「ドテ高」に議論集中!
4
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史