芸能

アサ芸名物「“裏”流行語大賞2021」(上)「ハゲてるだけで逮捕されたら大変!」

 なぬ! 今年の流行語は「フェムテック」な「ウマ娘」が「イカゲーム」を「うっせぇわ」と「ゴン攻め」して「エペジーーン」だぁ? ちょっと何言ってるかわからない~。そんなあきらめ顔の貴兄には、「週刊アサヒ芸能」恒例「“裏”流行語大賞」がおススメだ。アサ芸ならではのチン事・チン言を大放出!

 今年の「2021ユーキャン新語・流行語大賞」ノミネート語は「ピクトグラム」「13歳、真夏の大冒険」など東京五輪と、「変異株」「路上飲み」などコロナ関連が約半数の偏向ぶり。これに疑問を呈するのが放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏だ。

「いつも不思議なんですけど、本家は締め切り早すぎるよね。でも、年末に忘年会がなくても、今年もアサ芸裏流行語大賞はあるから安心・安全だね」

 ゆる~い本家はそっちのけ、アサヒ芸能は芳ばしい裏流行語の数々を選定。まずは芸能部門。コロナ禍で異彩を放ったのが、島田紳助氏からの“枕営業強要の被害”を訴えたマリエの【出川さんマジ許せない!】だ。

 モデルのマリエが突如、“過去の被害”をインスタ告発。なぜか「同席した出川哲朗」を執拗に猛爆撃したというもの。

「完全な巻き込み事故でしょ」とコメントしたデーブ氏はこうも語る。

「なんでこのタイミング?海外でも『マラドーナが16歳少女に』とか性被害を訴えることが多いけどね。しばらくは『ヘキサゴン』に出られないハズ」

 一方、19年の“タピオカ騒動”が裁判にまで発展した木下優樹菜の【クソガキなので感情的になった】も選ばれた。タピオカ裁判の中で木下優樹菜が原告に謝罪していたことがわかったが、あくまでヤンキー流。お笑い芸人のユリオカ超特Q氏がさらにこう言う。

「一度は芸能界を引退したが、今度はYouTubeで涙の謝罪復活。何をやっても嘘くさいが、来年も活躍してくれそう」

 これ以上にユリQ氏がケ…もとい、気にしているのが「Nスタ」(TBS系)司会のホラン千秋が言い放った【ハゲおじさん】誤読問題だ。

「ハゲおじさん逮捕って、ハグを迫ってではなく、ハゲてるだけで逮捕されたら大変な人権問題ですよ。ご本人はバラエティーで失言ネタにしてますが、ハゲ界は震撼しました」

“ケが”の功名は許すまじ。しかし、タレントの徳光正行氏は異論を唱えて、世の中にはホランさんのような美人にハゲ呼ばわりされて股の間がうずく人がいるのだとか。「もっと冷たく言ってあげてもいいかも」とのことである。

 その他の主な裏流行語「芸能・テレビ部門」ノミネートワードを以下─。

【熱海終わった】熱海の土石流災害の直後、霜降り明星・粗品がラジオ番組で放言して炎上。共演する“雨女アナ”をネタにしたが、番組中に即陳謝することに。

【赤坂のドン・ファン】テレ朝・斎藤ちはるアナと熱愛が報じられたTBS・小林廣輝アナ。その後、6股交際とベッド下には大人の夜の玩具などの性癖も露見し、番組を降板した。

【年商2000億円婚】加藤綾子が“一般人”との結婚を発表。実は年商2000億円の小売店御曹司だと判明した。「いっそフジテレビごと買収してもらえば」(デーブ氏)

【ご愁傷様】TBSの衆院選開票特番で爆笑問題・太田光が甘利明幹事長(当時)に無礼発言。れいわ新選組・山本太郎代表に対しても「あいつ、態度悪いね」と放言三昧。

【還暦グラビア】昨年の宮崎美子の水着カレンダーが火付け役となり、今年は斉藤慶子が30年ぶりに黒のセパレート水着で還暦ボディを披露。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
4
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」