芸能

テレビ界「ヤラセ番組37年」全暴露〈バラエティーの作られ方〉(2)「ガチンコ!」での“片八百長”的な演出

 番組タイトルそのものが「ガチンコ!」(TBS系)‥‥これにも、疑惑の目が向けられてきた。人気シリーズ「ファイトクラブ」に関して、たびたび勃発するコーチ役の竹原慎二氏(50)や進行のTOKIOと不良少年たちとの緊迫したやり取りや乱闘騒ぎは、出来過ぎの感が拭えなかったからだ。

 番組制作会社スタッフが語る。

「元世界王者の竹原さんが本気でキレたら番組スタッフも制止できないばかりか、不良少年を制御できなくては番組が成立しません。“暗黙の了解”があったはずです。ただし番組にリアリティーを出すため、TOKIOのメンバーたちには知らされず、不良少年たちに『長瀬を怒らせて』とか『国分をキレさせろ』などとけしかける“片八百長”的演出はあったようです」

 20年には、出演した女子プロレスラーの木村花さんが、視聴者からの誹謗中傷が原因で逝去するなどして「テラスハウス」(フジテレビ系)のヤラセ疑惑が社会問題にまで発展した。概して出演者の「恋愛」を題材にした番組は、古くから物議を醸したものが多い。

「『あいのり』(フジ系)も、出演者で後にセクシー女優に転身したデヴィが、番組内でのヤラセを告発した。一般の高校生の恋愛模様を扱った『恋愛部活』(日テレ系)でも女子高生の中にタレントが交じっていたり、番組スタッフが出演者に『告白されても断るように』といった指示を行っていたことが明らかになっています。極め付きは最高視聴率27.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出した『愛する二人別れる二人』(フジ系)でしょう。離婚寸前の夫婦に密着し、離婚するかしないかを迫る同番組で、未婚女性に夫婦を演じるよう指示し、後にその女性が自殺。遺書を残したことで番組の不正が発覚しました。群馬のホストクラブに在籍する12人中7人ものホストが週替わりで他人を演じていたことまでが発覚しましたが、フジはあくまで出演者を信じていたの一点張りで、まるで被害者というスタンスを崩さなかった」(放送作家)

 いつの時代も、高視聴率の裏にヤラセ演出は必要不可欠なのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
3
またまたファンが「引き渡し拒否」大谷翔平の日本人最多本塁打「記念球」の取り扱い方法
4
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
5
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言