芸能

巨胸、美ヒップ、くびれ、脚線美…グラドル「パーツ別」ランキング“2位”の顔ぶれ

 鬱屈したコロナ禍にあって、ひと時の癒やしとたぎりを与えてくれるグラドル。われわれ男子はみな、そのルックスはもちろん、バストのサイズやヒップの形、くびれ具合や美脚ぶりなど、くまなく目を通しては、お気に入りの女の子を見つけて応援しているのだ。

 そんな男子の“推し探し”の一助となるのが、カラダのパーツ別に並べた「美女ランキング」だ。

 息を飲むほどの大きさ、暴れるように躍動する柔らかさ、そこはかとなく漂う母性…。大きなバストに心を奪われる男子は少なくないだろう。その巨胸部門で2位に選ばれたのが、桜井木穂だ。

「バストが大台の100センチ。それだけで拝む価値があるのですが、彼女の場合、ウエストがしっかりくびれていて、より一層バストが際立って見えるんです。漫画に登場しそうなそのボディはコスプレでも抜群に映えるので、服を着ても、水着になっても見応え十分。2022年、グラビア界のトップランナーの1人に数えて間違いないでしょう」(週刊誌記者)

 バストは大きさだけではない。その形や全身とのバランスで美しく光る美バストも、高く評価すべきなのだ。

 この美胸ジャンルで3位に選出されたのが、驚異の新人・小日向ゆかだ。

「昨年、グラビアデビュー。愛らしいルックスが話題を呼び、一躍グラビア誌面争いの最前線へ。現在も続々とファンが増加中で、彼女もまた2022年、グラビア界の中心人物と言えるでしょう」(グラビア誌編集者)

 ヒップ部門では、大きさもさることながら、やはり注目はその形。美しい形とは、もはや「円」にあらず。そこからさらに丸く飛び出した「球」こそが、男子が恋焦がれるヒップなのだ。

 美しいヒップの部門で2位に入ったのは「SNSのフェチ天使」こと、くりえみだ。

「スリーサイズはB83・W56・H82とスレンダーですが、そのくびれたウエストからヒップにかけてのラインが、女性らしい究極の美なんです。彼女は自分の見せ方を熟知しているのでしょう。決して“肌見せ度”が特別高いわけではありませんが、男心をくすぐる画像がほかのグラドルよりも明らかに多いと思います」(前出・週刊誌記者)

 悩ましい腰つき、思わず抱き寄せてしまいたくなるウエストラインにも、男は視線を送ってしまう。

 くびれ部門の第2位は、コスプレ界のレジェンド、火将ロシエルだ。

「スレンダーながら、ヒップに向かう腰のラインが超絶美しく、男子なら思わず強く抱きしめてしまいたくなる女の子。そんな可憐な印象ですが、グラビアでは誘うような大胆さも垣間見せ、そのギャップもまた、人気につながっているのだと思います」(アイドルライター)

 くびれとくれば当然、美脚も選考せねばなるまい。

 脚線美部門で2位に輝いたのは、松嶋えいみだ。

「9頭身とも言われる恵まれたボディで、豊かなヒップからスラリと伸びた美脚は垂涎もの。グラビアの賞も数々獲得しています。読者はそれぞれ好みのボディがあるでしょうが、松嶋のほか3位に入った清瀬汐希、5位の近藤みやびなど、脚線美部門のグラドルはみな、誰もが納得するパーフェクトボディの持ち主と言えるのではないでしょうか」(前出・グラビア誌編集者)

 現在発売中の「アサ芸Secret!Vol.74」では、大きなバスト、美バスト、美ヒップの部門で各15人、くびれ、脚線美の部門で各10人を選出。世の男子の視線をクギ付けにする美ボディを要チェック! 果たして、各部門の1位は…?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!