芸能

3大女優の「大胆バスト」を最速スクープ(2)清純派から大人の階段を上る有村架純

 映画評論家の秋本鉄次氏は、有村の変貌をこう評したものだ。

「アラサーになって肉体派の一面をさらけ出すようになりました。作品ごとに色香が進化していて、完脱ぎの兆しは十分。きっかけとなる作品と出会えれば、一気に爆発するところまで来ているのではないでしょうか」

 これまで有村は、17年のNHK朝ドラ「ひよっこ」で全国区の女優になると、同年公開の映画「ナラタージュ」(東宝/アスミック・エース)で大胆なラブシーンを演じている。

 当時、累計発行部数35万部を記録した島本理生氏の同名小説が原作で、松本潤(38)演じる演劇部の顧問・葉山と教え子である泉(有村)が再会したことからラブストーリーが始まる。有村は坂口健太郎(30)扮する演劇仲間の大学生・怜二との三角関係に揺れる女子大生を熱演した。

「坂口とのベッドシーンで下着姿を披露すると、映画のラストで松本とも絡んでいます。どちらもキスから“合体”までいってますが、カメラは男の背中や有村の顔をアップで撮って行為を表現する場面が多く、原作ほどふんだんな官能シーンは描かれなかった」(映画ライター)

 それでも「ひよっこ」での清純派イメージから着実に大人の階段を上ると、21年に公開された映画「花束みたいな恋をした」(東京テアトル/リトルモア)では恋人役の菅田将暉(28)と泡風呂に浸かり、お互いに体を洗いっこする混浴シーンも。豊満な谷間をチラ見せしてはいるが、残念ながらここでも「寸止め」感は否めない。そして22年、いよいよ本格派女優のステップとして「マシュマロ乳激揉み」に挑むまで、5年の歳月を要したのだ。

 1月19日に放送されたバラエティー番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演した際、全局のドラマを録画して気になる作品をチェックしていると明かしたが、勉強熱心なのはそれだけではなかった。

「コロナ禍というのもありますが、ほとんど飲みに行ったりすることはなく、休みの日になると、フランス映画の世界観が好きで、見る機会が増えているそうです。フランス映画といえば、赤裸々に性愛を描いた官能シーンが登場する作品が多く、秘かに参考にしているのではないかともっぱらです」(芸能プロ関係者)

 23年のNHK大河ドラマ「どうする家康」の出演が決まっているだけに、いち早いフランス映画仕込みの情熱的な濡れ場が垣間見える艶作となったのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美