スポーツ

あのバースに7試合連続本塁打記録を献上も江川卓「オレは勝った」の深意!

 NPBにおいて、7試合連続本塁打は、1972年に達成した王貞治氏(巨人)と、ランディ・バース氏(阪神)の2人のみである。

 バース氏が王氏に並んだのは、1986年6月26日で場所は後楽園球場。王氏が監督として率いる巨人が相手で、マウンドに上がったのはエース・江川卓氏。5打席目に、ライトスタンドの場外に特大アーチを放ったのだった。

 江川氏は、自身のYouTubeチャンネル〈江川卓のたかされ【江川卓 公式チャンネル】〉の2月11日付け投稿回において、ゲストに招いた元阪神の掛布雅之氏に、こう試合を振り返っている。

「試合前に(捕手の)山倉(和博)が来ました、マウンドに。で、『全部敬遠してくれと言われている』と…。誰かが言った(指示した)んでしょうね。ボクは山倉に『嫌だ!全部勝負する!抑えるからうるさい!』と…」

 江川氏は、計算通りバース氏の苦手なインハイで4打席を打ち取ったが、計算違いだったのは、バース氏との対決に集中し過ぎたあまり、他の選手攻略はおろそかになり、バース氏の「5打席目」が生まれてしまったのだ。しかも、インハイを恐れたバース氏は半歩ホームベースから離れて構えたのだそうで、これをジャストミート!

 バース氏がホームから下がったことには、「その瞬間、オレは勝ったと思った」と回顧した江川氏。「わかるでしょ?」と問われた掛布氏も「オレは絶対下がらない!」と、下がれば「負け」との認識のようだった。

 試合後、誰からも何のお咎めも無かったそうだが、しかし「ムードはシーンとしてた…」と掛布氏の笑いを誘った江川氏。

 敬遠では決して生まれなかったであろう、男と男の真剣勝負を観た思いの、貴重な回顧談であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美