女子アナ

NHK林田理沙、最大級バスト強調は“置き土産”?上原光紀との切磋琢磨も大注目!

 NHKの林田理沙アナが、まん丸のバストラインを披露し、ファンを喜ばせた。

「注目されたのは2月22日に放送された『首都圏ネットワーク』。メインキャスターを担当する林田アナは黄色のロングスカートにカーキ色のニット姿で出演し、そのニットが肌にボディにフィットしたピタピタのサイズだったことから、終始胸の“お椀型”の張り出しが強調された状態だったんです。姿勢を正し胸を張るたびに意外にも大きなバストの輪郭がより露わになり、男性視聴者にとっても大満足の生放送となったのでは」(女子アナウオッチャー)

 林田アナと言えば、4月からこの関東ローカル番組から、「ニュース7」へと担当が変更。全国放送への進出に、女子アナファンが歓喜している。

「18年に福岡放送局から東京アナウンス室へ異動となった直後から務めた『ブラタモリ』のアシスタント出演以来の、ファンにとって待ちわびた担当替えでしょう。それにしても、最近では時折『首都圏ネットワーク』でもバストを強調させるような衣装が目につく感のある彼女ですが、22日ほど膨らみが目立った出演はなかったのでは。ひょっとすると“卒業”を目前にした“置き土産”なのかもしれないと思ったほどです」(前出・女子アナウオッチャー)

 とはいえ、同番組の後任となる上原光紀アナも、林田アナに負けず劣らずの人気を誇るエース候補アナだ。

「林田アナと入れ替わる形で『ニュース7』のサブキャスターから『首都圏ネットワーク』のメインとなる彼女も、抜群のスタイルと美貌で、やはりたびたびニットバストで見せる推定Dカップにより視聴者を沸かせています。一昨年に結婚していることは男性ファンにとって少々残念なところですが、年齢の近い林田アナとは切磋琢磨する関係だけに、彼女の“大サービス”にも期待したいところです」(芸能ライター)

 今後も2人の活躍ぶりへの注目度は高まるばかりのようだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」