芸能

テリー伊藤対談「安達祐実」(3)中学時代はイジメにあっていた

20140220u

テリー 芦田愛菜ちゃんとか、今の子役の活躍については、どう思ってるの?

安達 すごいなと思いますね、やっぱり。たまに子役の方と共演させてもらうことがあるんですが、悲しい場面で悲しい気持ちになることが、すぐにできる。

テリー 役に入る訓練みたいなこと?

安達 はい。たぶん、かなりしっかり準備をしている。演技の基礎みたいな部分がちゃんとしてる感じは、すごくあります。

テリー でも「安達祐実」の人気は、もっとすごかったじゃないですか。ああいった子役時代を経て、大人に成長していくというのは、いったいどんな人生がそこにはあったんだろう。

安達 その当時は大変でしたね。仕事が減っていくことへの恐怖とか、周りからのプレッシャーみたいなものはすごくありました。「子役は大成しない」と、週刊誌で書かれていたり。

テリー そういう記事は読むものなの?

安達 わざわざは読まないんですけど、やっぱり目に入る機会はあって。事務所の人や親も焦り始めて、自分は「早く大人にならなきゃ」みたいな気持ちはありました。その反面、どうして大人にならなきゃいけないんだろう・・・・というのもあったし、中学、高校は複雑な時期でしたね。

テリー 学校でイジメられたりしなかった?

安達 中学校ではイジメられてました。中1の時、ちょうど入学と同時に「家なき子」をやっていたので、ほとんど学校にも行けなくて。上履きを花壇に埋められるとか、体操着を切られてるとかがありました。

テリー ひどいな。それは女の子がやるの、男の子がやるの?

安達 たぶん女の子。男の子は体を触ってきたり。だから当時はとにかく、人と会話をしないようにしていましたね。

テリー じっと耐えるんだ。

安達 はい。席に座って本を読んでいるか、校庭で1人でいるか。

テリー 友達は?

安達 いなかったですね。こちらに受け入れる余裕もなかった。「仕事があるからいいや」と思っていました。「仕事場に行けば仲間もいるし」と。3年間そんな調子でした。

テリー じゃあ、中学の3年はつらかったね。

安達 だから高校に入る時は、とにかく周りの子たちとうまくやろうっていうことだけを考えて。

テリー 高校は堀越だよね。堀越だと、同級生に芸能人が多いから。

安達 そうなんです。とても楽でした。休み時間の会話も、仕事の話ができて。

テリー 中学、高校の時の恋愛はどうだったの?

安達 中学の時はまったくなかったし、高校の1、2年生までは、正直、恋愛なんていらないって思っていました。「仕事、仕事」みたいな感覚で。

テリー 高校生にとって、そういう状態ってあんまり健康的じゃないよね。自分のお嬢さんを芸能界に入れたくないのは、自分の経験も関係してるのかな。

安達 そうですね。子供の頃の体験や精神状態が、今の私自身にものすごく影響してるとは実感していて。

テリー 例えば?

安達 「何かをやっていないと、愛されない」という思いが子供の頃からずっとあったんです。相手が気に入ることをする自分じゃないとダメだっていう。私の場合はお芝居をして、仕事をちゃんとして、人に初めて受け入れてもらえると思い込んでました。

テリー 条件付きじゃないと愛されないって、感じちゃっていたんだ。それはしんどくなる時もあるよな。でも3年生になると、何かが変わったの?

安達 本当に人を好きになるってこういうことなのか、という経験がありました。

テリー どんな恋愛だったんだろう。

安達 私は年上に憧れるタイプで、仕事場のスタッフさんに格好いいとか思ってたんです。でも、高校3年生の時、初めて同級生の子とつきあって。純粋さとかまっすぐさとか、恋愛にかける情熱をその子からすごく感じて、恋をするってこういうことなんだなって。

テリー いい恋をしたじゃない。

安達 はい(笑)。

テリー 恋愛するとどういう女の子になるの?

安達 今の自分とはまた違うと思いますけど、当時は「『これがスキャンダルになって、仕事がうまくいかなくなってもいい』と思える恋愛じゃないとしない」と思ってました。だから、恋愛するとその人に結構尽くすタイプだと思います。

テリー 前の結婚相手はお笑い芸人だけど、彼のどこがよかったの?

安達 たぶん、芸人さんだから、ふだんの会話も普通の人よりおもしろいんですよ(笑)。単純に、一緒にいて楽しかったのもあったと思います。あとは自分の仕事が「女優」だから、それまであんまりちゃかされたりすることがなかった。

テリー 祐実ちゃんにツッコミを入れてきたと(笑)。それが新鮮だったんだね。

安達 すごく新鮮でしたね。自分がおもしろがられていることが。そういう感じが初めてでした。

テリー 今、新しい恋は?

安達 新しい恋はどうですかね・・・・。

テリー その表情は、恋をしてるな!

安達 アハハハハ。どうなんでしょうね(笑)。

テリー 今、完全に目が泳いでたよ(笑)。恋愛したっていいよな。離婚から、もう5年だもん。再婚は?

安達 今ですか。まだ考えていません。難しいですね。子供もいるし。

テリー そうかそうか。お母さん(安達有里)はどうしてるの?

安達 元気にやってます。仕事先で「そういえばこの間、お母さんに会ったよ~」って、よく言われるんです(笑)。

テリー あのお母さん、おもしろいよなぁ。

安達 父がすごいと思うんです。あの母と結婚生活を続けるのは相当大変なことですよ(笑)。兄と私にとっては実の父じゃないんですけど、愛情をかけて育ててもらったので、お父さんはやっぱりすごいです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
草なぎ剛、「芸能人格付け」で“GACKTの代役”出演希望の声が殺到中!
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク