芸能

「東京03恫喝事件」の真相(上)きよし師匠が女の子とぶつかりそうになって/坂下ブーランの「地獄耳」芸能

 先日、放送された「オールスター感謝祭’22春」(TBS系)で、1回目から参加しているベテランカメラマンが紹介された際、2代目・MCの今田耕司が、

「紳助兄さん! 坂口さんは元気です!」

 と初代MC・島田紳助氏(2011年に芸能界を引退)の名前を突発的に口にした。

「オールスター感謝祭」での紳助氏といえば、09年に起きた「東京03恫喝事件」が思い出される。お笑いトリオの東京03が本番前に挨拶を欠いたことで、紳助が激怒し、本番中に「お前らなめてんのか!」と詰め寄り、揉み合った一件だ。

 このところ、10年前後の時を経て、ようやく明らかにされなかった詳細が語られるようになってきた。ナイツの土屋伸之は、

「僕らの世代の芸人でね。ちゃんと怒られるのを見たのは、あれぐらいだよね」

と振り返っている。

「『シルク・ドゥ・ソレイユ』の演技中だったからね。止めに行った(西川)きよし師匠がダーッて走ったところ、シルク・ドゥ・ソレイユの演技とぶつかりそうになっちゃった。女のコが『え!?』ってなってて…」

 またブラックマヨネーズの小杉竜一は、

「(恫喝中)みんなのカンペに『シルク・ドゥ・ソレイユ見てください!!』って書いてありましたからね」

と、現場の慌てた様子を明らかにする。

 この騒動に関して、イジリも自由になった。

 有吉弘行は「オールスター感謝祭’18秋」放送後の深夜に放送された「オールスター後夜祭’18秋」でMCを務めた際、事件をパロディにしている。お笑いトリオのハナコに怒りをあらわにして、「あいさつしない」と詰め寄るシーンを再現したのだ。有吉は、

「パロディをやったわけだけども、それでもマジだと思ってるヤツがいるだろうなって思った」

 と、視聴者から本気でやったと勘違いされないように必死だったものだ。

坂下ブーラン(さかした・ぶーらん)=筆名=1969年生まれのTVディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティ番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYouTube動画を制作、視聴回数の爆発をめざし奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
2
てんちむ、“秘部から液体吹き”についても明かした「ハンパない動画」過激度!
3
「水着姿でヨガポーズも披露」内田恭子の「Dバスト」がフジ時代以上になっている!
4
「関係を持った女性芸能人は…」M-1芸人の衝撃告白に「スゲェ!」驚愕
5
ついに決定!タレント2人はクビか否か「バス旅Z」をめぐる大予想の結果は…